男性のロングコートに身長は必要?メンズロングコートのコーディネート

男性の冬のアウターはブルゾンやカーディガン、ジャケットなど、女性に比べ丈の短いアイテムが多いです。

ロングコートをかっこよく着こなしている男性を見ると、身長が必要だったり、コーディネートが難しそうと思っている人は多いのではないでしょうか。

 

おしゃれ上級者のアイテムと思われがちなロングコートですが、実は身長や体型は関係なく、むしろ身長が低かったり体型に自信がない男性ほど、ロングコートは向いています。

もちろんおしゃれ初心者にもおすすめです。

 

今回は、メンズロングコートの選び方と着こなし方、そしておしゃれなコーディネートを紹介します。

男性のロングコートには身長が必要ない理由も解説するので、おしゃれ初心者こそまずはメンズロングコートを用意しましょう。

 

身長は必要?

xn--bckr3bb3dvf5dpb2bxe.com

男性のメンズロングコートでよく見かけるのは、ビジネスマンなどスーツと合わせたコーディネートです。

メンズロングコートと聞くと、あのコーディネートを真っ先に思い出し、私服でロングコートを着こなすのは難しそうと思っていませんか?

 

存在感のあるロングコートなので、実際に着用すると「着せられている感」があり、自分の身長や体型には似合わないと思い込んでいる男性もいるかと思いますが、着せられている感の本当の原因は

 

パンツにある

 

そうなんです、身長や体型が原因ではなく、メンズロングコートとコーディネートしたパンツが似合わなくしていた本当の原因です。

そもそもブルゾンなどの腰の位置がはっきりわかるアウターの方が、体型や脚の長さが目立ちます。

ロングコートは腰の位置を完全に隠してくれるので、体型や脚の長さを隠し、存在感があるのでロングコートだけでもおしゃれに見せてくれます。

 

ただし、メンズのロングコートでおしゃれに見せるコーディネートのポイントは

 

パンツにある

 

次からはロングコートの選び方と着こなし方を解説します。

 

選び方と着こなし方

www.boochifashion.com

ここからは男性のメンズロングコートの選び方と着こなし方になります。

この選び方と着こなし方を間違えると、着せられている感が出てしまうので注意しましょう。とはいえ、決して難しくないので安心してください。

女性に比べ男性では、ロングコートをおしゃれに着こなしている人は少ないと思います。なので、私服でロングコートを着こなすだけで、他の男性と差がつけられる貴重なアイテムになります。

 

選び方

matome.naver.jp

まずロングコートの選び方ですが、ロングコートのシルエットは細身のものを選びましょう。

この選び方で大きめのものを選択すると着せられている感になりますし、ロングコートは細身でも面積が広い分存在感があります。

必ず細身のものを選ぶようにしてください。

 

着こなし方

次に着こなし方ですが、全体のシルエットはYラインになります。

細身のロングコートなので、Iラインを作ろうと思う男性が多いかもしれませんが、メンズロングコートは細身でも面積が大きいです。つまりボリュームがあるということです。

このボリュームを一番綺麗なシルエットで見せれるのがYラインになります。

メンズの基本シルエットであるIライン、Aライン、Yラインはこちらの記事で解説しています。

メンズファッションのセンスの磨き方はこのコツだけ覚えればいい

2017.08.19

 

Iラインならまだしも、細身だからとAラインを選択し太めのパンツをコーディネートすると、高確率で失敗します。

ボリュームがあるアウターに、ボリュームがあるパンツをコーディネートするのは、相当体型に自信がある男性ではないと難しくなります。

おしゃれ初心者の男性は、まずはメンズロングコートでYラインを作るようにしてください。

 

そしてYラインを作るとなると、パンツは細めのスキニーパンツなどになります。

初めてロングコートを使ったコーディネートをするときは、必ず細めのパンツをコーディネートしてください。これがメンズロングコートのおしゃれな着こなし方になります。

細身のパンツの選び方はこちらの記事でまとめています。

ファッションで重要なボトムスの選び方と初心者におすすめはコレ!

2017.08.19

ロングコートのコーディネート

ここからはメンズロングコートを使った男性のコーディネートを紹介します。

 

全身黒

matome.naver.jp

全身黒のキメキメコーディネートです。

黒は細く見せる視覚効果があるので全体的に締まりますね。パンツと靴を同じ黒にすることで境界線が目立たなくなり、脚を長く見せることもできます。

細身のパンツを使うことでIラインよりもカジュアルなYラインになるので、「キメ過ぎ」感が弱くなります。

 

全身黒に抵抗がある男性にはこちらの記事がおすすめです。

男性の全身黒ファッションはオタク?ダサい?いいえ、おしゃれです

2017.08.21

 

マフラー

matome.naver.jp

マフラーを使ったコーディネートです。

メンズロングコートは上半身にボリュームがあるYラインなので、マフラーを使ってボリュームを出した着こなしです。

顔の近くに物を置くことで小顔効果も狙えます。

 

ストール

matome.naver.jp

ストールを垂らしたコーディネートです。

もちろんストールではなくマフラーを垂らすのもありです。  

 

スヌード

matome.naver.jp

スヌードを使ったコーディネートです。

ネイビーのロングコートに白いスヌードを使うことで、顔が明るく見えます。もちろん小顔効果も。

特にスヌードはボリュームがあるので、全体がダークトーンだと明るい白がより際立ちます。

 

matome.naver.jp

こちらもスヌードを使ったコーディネートです。

先程はダークトーンの中に明るい色を差し込む形でスヌードを使いましたが、こちらはロングコートと同じ色でツートーンにしたコーディネートです。

 

襟立

matome.naver.jp

襟を立てた着こなしです。

顔の近くに物を置くことで小顔に見える効果を狙えますが、「いかにも」な襟立をすると「不自然」になるので注意しましょう。

 

襟立を立てる理由はこちらの記事でまとめています。

メンズシャツスタイルの襟を立てる意味と腕まくりの理由

2017.08.24

 

パーカー

matome.naver.jp

パーカーを使ったコーディネートです。

カジュアルアイテムであるパーカーもロングコートを合わせることで、ドレス寄りになり大人っぽくなります。

ただし、童顔で子供っぽい体型の日本人はパーカーを無地にした方いいかもしれません。

 

パーカーの着こなしをまとめた記事はこちらになります。

男のパーカーはダサい?着こなしが難しい理由はコレだ!!

2017.08.30

 

スウェット

キング・オブ・部屋着のスウェットを使ったコーディネートです。

画像ではトップスがスウェットですが、ステンカラーコートと黒のスキニーパンツ、革靴とドレスライクなアイテムで固めると部屋着感が全くありませんね。

 

スウェットパンツのおしゃれな着こなしはこちらの記事を参考にしてください。

メンズスウェットパンツは細身を選べ!おすすめの色とおしゃれな着こなし

2017.08.26

 

こちらはパンツがジャージ素材のジョガーパンツです。

カジュアル色が強いジョガーパンツもコーディネート次第でドレス寄りにすることが可能です。

 

安いジョガーパンツはユニクロのレディースがおすすめです。

男のジョガーパンツはユニクロのレディースを買うべき3つの理由

2017.09.01

 

デニム

デニムを使ったコーディネートです。

トップスにスウェット、パンツにデニムとカジュアル感が強いのですが、ステンカラーコートと革靴でドレス寄りにしています。

 

ドッグ

matome.naver.jp

こちらはコーディネートとは関係ないのですが、メンズロングコートをおしゃれに着こなしての犬の散歩がかっこ良かったので紹介しました。

犬を飼っている男性は挑戦してみてはどうでしょうか^^

 

まとめ

メンズロングコートのコーディネートが難しいと思っている男性は、今回の記事でロングコートの「着せられている感」のイメージを払拭していただければ幸いです。

ロングコートはおしゃれ上級者のアイテムではなく、もしろおしゃれ初心者向けになるのでおすすめです。

また、これまでIラインがメインのコーディネートだった男性も、メンズロングコートを使えば簡単にYラインができるので、ロングコートを使ってYラインの感覚を掴みましょう。

メンズ冬コートの種類や特徴、着こなし方はこちらの記事でまとめています。

メンズの冬コートの種類や特徴・着こなしを一覧で紹介

2017.10.17

 

Yラインコーデに慣れたらロングコートにワイドパンツを合わせたコーデも可能です。

ただし、スキニーやスラックスなど細身のパンツに比べるとワイドパンツには「遊び」があるため、黒でスラックス素材のワイドパンツを使うのが無難です。

メンズのワイドパンツは黒を選べ!選び方やおしゃれな着こなしやコーデ

2017.10.04


通販サイトがダサい理由とは?

メンズファッションの通販サイトですが、めちゃくちゃダサい商品が多いと思いませんか?

通販サイトのアイテムがダサい理由と、ダサくならないためのコーデやアイテムを紹介しています。

通販サイトは値段が安いので、正しいアイテムを選んでコスパの良いおしゃれをしましょう!!