デニムオンデニムはダサい?デニムシャツとGジャンのおしゃれコーデ

デニムシャツにデニムパンツを合わせた、デニムオンデニム。

昔からあるコーディネートですが、一時期流行りその後ダサいと言われ、そしてまたおしゃれと言われたり・・・。

ファッションはリバイバルするものですが、デニムオンデニムは細かい流行りを含めると、数あるコーデの中でもリバイバルの回数が多い方ではないでしょうか。

今回はデニムオンデニムがダサい理由と、デニムシャツやデニムジャケット(Gジャン)のおしゃれコーデを紹介します。

 

デニムオンデニムはダサい?

まずはSNSでの評判を確認してみましょう。

 

デニムオンデニムほど意見が分かれるコーデはないのではないでしょうか。

それは「好き」「嫌い」だけではなく、上下同じ色がいいのか悪いのか。濃い色がいいのか薄い色がいいのか。

何が正解で何が不正解なのかもわかりづらく、そもそも流行っているのかどうかもはっきりしません。

 

このことから間違い無く言えることは

 

デニムオンデニムは難しい

 

このブログで紹介しているおしゃれは、10人中ほぼ全員がおしゃれと思えるファッションです。デニムオンデニムで10人中ほぼ全員がおしゃれと思ってもらうには、かなり頑張る必要があります。

では、なぜデニムオンデニムがダサいのか?正確には、ダサいと言われることが多いのか?

 

ダサいと言われる理由

デニムオンデニムがダサいと言われる理由。

それは

 

カジュアルが強過ぎる

 

デニム素材はカジュアルアイテムになります。

デザインも色もカジュアル。それが上下となると相当カジュアルが強いです。このカジュアルライクを崩すのは結構なエネルギーが必要です。

 

デニムオンデニムというと一般的にはデニムシャツとデニムパンツ、またはデニムジャケット(Gジャン)とデニムパンツのように、セット販売されていない商品での組み合わせを言います。

上下デニムでもライトオンスデニムのセットアップもあります。

mens.tasclap.jp

 

こちらはインディゴデニムよりも色が黒っぽくデザインもスーツスタイルとなっています。

デニムオンデニムと同じ上下デニムですが、色とデザインがドレスライクなためカジュアル感がなくおしゃれですよね。

 

ドレスとはスーツで使われるジャケット、スラックス、シャツ、革靴など「綺麗め」と呼ばれるアイテムで、カジュアルはTシャツ、パーカー、デニム、スニーカーなど「ラフ」なアイテムです。

 

メンズファッションで大人っぽいおしゃれをするには、ドレスが7でカジュアルが3の割合でMIXさせるのが基本です。

 

上下デニムでもドレスライクにすることでおしゃれに見せることはできますが、インディゴデニムのデニムオンデニムでおしゃれコーデをするのは非常に難しいです。

 

おしゃれ初心者の方がわざわざ難しいデニムオンデニムでおしゃれコーデをしなくても、デニムを使って簡単におしゃれをすることは可能です。

例えばデニムパンツならTシャツと革靴のシンプルコーデでおしゃれをすることができます。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

デニムと革靴とTシャツのおすすめおしゃれコーデ

2017.09.15

 

デニムシャツにはスラックス

mens.tasclap.jp

カジュアルアイテムであるデニムシャツに合わせるパンツは、黒スキニーなどのドレスライクなパンツがいいのですが、中でもおしゃれ初心者にはスラックスをおすすめします。

スーツスタイルでも使われるスラックスなので、誰でもスラックスがドレスアイテムだとわかりますよね。

デニムジャケット(Gジャン)は完全にカジュアルアイテムになるので、パンツにはドレス要素が強いスラックスがとても合わせやすいです。

 

スラックスと聞くとスーツ専門店の高価なスラックスをイメージされるかもしれませんが、ユニクロのスラックスでも全く問題ないです。

2,000円〜4,000円で購入することができ、意外とシルエットも綺麗です。何よりあの価格帯でこのシルエットと質は信じられません。

 

イージータイプのスラックスはウエストがゴムになっており、ストレッチが効いているので、スラックスの「キツイ」印象がありません。

さらにユニクロならレディースのアンクルパンツもおすすめです。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

ユニクロのレディースを男が着るのはあり?試着はどうする?

2017.09.02

 

デニムシャツやジャケットの選び方

デニムシャツとデニムジャケット(Gジャン)の選び方ですが、シャツとジャケットで異なります。

 

デニムシャツの選び方

vogueword.click

まずはデニムシャツの選び方になります。

デニムシャツは細身のシルエットでIラインを目指してもいいですし、ビッグシルエットでYラインを作るのもありです。

ただし、ビッグシルエットでのYラインの場合、Iラインよりもカジュアルになるので色落ちの少ない色の濃いものを選びましょう。

 

デニムジャケットの選び方

次はデニムジャケットの選び方になります。

デニムジャケットはとにかく細身のシュッとしたものを選びましょう。

デニムシャツとは違い完全なカジュアルアイテムになるので、細身のシュッとしたものを購入してください。

デニムシャツのようにビッグシルエットを選んでしまうと、カジュアルが強くなりすぎるため、小さめのサイズでコンパクトに着こなすイメージを持ってください。

デニムシャツおしゃれコーデ

最後にデニムシャツのおしゃれコーデを紹介します。

カジュアルライクなデニムジャケット(Gジャン)やデニムシャツのおしゃれコーデでは、トップス、パンツ、シューズがモノトーン配色になるよう意識してください。

 

スラックス

この記事でも紹介したデニムシャツにスラックスのコーデになります。

スラックスを合わせることでドレスライクになりますね。

 

スラックスのカジュアルな合わせ方はこちらの記事で紹介しています。

スラックスを私服で使うには丈が重要!カジュアルな合わせ方やコーデを紹介

2017.10.14

 

スラックス × 革靴

スラックスに革靴を合わせればよりドレスライクに。

 

私服で使う革靴の選び方はこちらの記事にまとめています。

【メンズシューズ】私服やカジュアルでの革靴の選び方やおすすめブランド

2017.08.29

 

ユニクロのスラックス

こちらは記事の中で紹介したユニクロのスラックス。

あの価格帯でこのシルエットなのでコスパは最高です。

 

グレーのスラックス

グレーのスラックとデニムシャツのコーデです。

黒ではなくグレーのスラックスでもドレスライクなコーデが可能です。

 

ニットシャツ × スラックス

デニムジャケット(Gジャン)とスラックスのコーデになります。

デニムジャケットはカジュアルが強いので、インナーにハイブリッドアイテムのニットシャツを合わせてドレスを作っています。

 

ニットの選び方や合わせ方はこちらの記事です。

メンズニットの選び方と合わせ方・着こなし方を紹介

2017.08.25

 

白シャツ × 黒スキニー

デニムジャケット(Gジャン)に白シャツ、黒スキニーのコーデになります。

ドレスアイテムの白シャツを使ってドレスライクにしています。

 

どんなアイテムにも合う白シャツはやはり最強です。

私服の着回しで最強の白シャツ!サイズ感や透けないインナーの色は?

2017.09.08

 

ロング丈カットソー

インナーにロング丈カットソーを使ったコーデになります。

デニムジャケット(Gジャン)は着丈が短いのでインナーにロング丈カットソーを使って縦のレイヤードを作っています。

アウターよりもインナーを長くし腰の位置をわからなくさせることで、脚を長く見せる視覚効果を狙えます。

さらにインナーが長くなることで、アウターがより短く見え、胴も短く見える効果があります。

 

デニムジャケット(Gジャン)、トップス、インナーで縦レイヤードを作ったコーデになります。

トップスの着丈が短い時は、ロング丈のTシャツやタンクトップをインナーに使えば縦のレイヤードができます。

これにより先程のデニムジャケット(Gジャン)との縦レイヤードを作れます。

 

ロング丈タンクトップを使った重ね着コーデは、こちらの記事で紹介しています。

ロング丈タンクトップの重ね着コーデのコツ!ユニクロやGUにはない?

2017.09.29

 

ロングコート

otokomaeken.com

ロングコートとのおしゃれコーデになります。

ドレスアイテムのロングコートにデニムシャツやデニムジャケット(Gジャン)をインナーで使うと、簡単にカジュアルに崩すことができます。

逆に言うとそれだけデニムシャツやデニムジャケット(Gジャン)のカジュアルが強いということです。

 

Gジャンを使ったアウターオンアウターはこちらの記事でも紹介しています。

Gジャンの上にコートの重ね着はあり?コーデ画像を紹介

2017.11.21

 

まとめ

デニムオンデニムがダサいと言われる理由や難しい原因を解説しました。

ただ、デニムオンデニムではなくデニムシャツやデニムジャケット(Gジャン)を単体で使うなら、簡単におしゃれコーデができます。

無理してデニムオンデニムでおしゃれコーデをするよりも、まずは10人中ほぼ全員がおしゃれと思うようなコーデを目指すことをおすすめします。

そしておしゃれコーデに慣れたらデニムオンデニムにも挑戦してみましょう。

 

今回の記事でデニムシャツやデニムジャケット(Gジャン)の選び方を紹介しましたが、デニムパンツを使ったおしゃれのコツはこちらの記事で紹介しています。

メンズデニムのおすすめの色は?おしゃれに見せる3つのポイント

2017.10.15


通販サイトがダサい理由とは?

メンズファッションの通販サイトですが、めちゃくちゃダサい商品が多いと思いませんか?

通販サイトのアイテムがダサい理由と、ダサくならないためのコーデやアイテムを紹介しています。

通販サイトは値段が安いので、正しいアイテムを選んでコスパの良いおしゃれをしましょう!!