デニム裾上げダサい?ロールアップはどのくらい?やり方と回数を解説

デニムの裾上げはダサいのか?

デニムの裾上げといってもショップで裾を直してもらう裾上げではなく、捲り上げるロールアップの裾上げです。

ロールアップには幅や位置、回数など様々ですが、今回はロールアップのやり方と効果を解説したいと思います。

 

スポンサーリンク

裾上げはダサい?

そもそもデニムの裾上げ(ロールアップ)はダサいのでしょうか?

裾上げ自体はダサいとは思いませんが、やり方によってはとてもダサいことになります。

例えば裾上げするとチェックの柄が見えるタイプのデニム。

item.rakuten.co.jp

 

このような裾上げを見ると正直ダサいと思ってしまいます。

ダサいと感じる理由は

 

子供っぽい

 

この一言に尽きますね。

デニムではなくチノパンなどでもこのようなデザインのパンツが多くあります。

デニムやチノパンはカジュアルアイテムです。そしてチェックもカジュアルな柄になります。デニムやチノパンが柄と重なるとカジュアルが強くなり過ぎて子供っぽくなります。

 

また、パンツの先端である足首が、あれだけ目立つと自然と視線が集まります。

首、手首、足首の先端3首は細くシュッとしている方がスタイリッシュになるので、あのようにチェックで悪目立ちすると本当に子供っぽくなります。

このような理由から、裾をロールアップするとチェック柄が現れるデザインのパンツはダサいです。

 

ロールアップによる裾上げの目的や効果を理解していれば、あのようなデザインのパンツを選択することはありませんので、さっそくロールアップの効果を解説します。

 

ロールアップの効果

ロールアップには2つの効果があります。

全体をスタイリッシュな印象にする効果と足長効果です。それぞれ解説していきます。

 

スタイリッシュな印象にする

こちらの記事でも紹介していますが

おしゃれな着こなしをするため男性が気をつける3つのポイント

2017.08.20

 

おしゃれのポイントは首、手首、足首の先端3首です。

この3首をいかにスマートに見せるかが重要になります。パンツなら膝から下が細くテーパードされたデザインの方がスタイリッシュに見えますよね。

そしてどんなに細身のパンツでも、裾が長過ぎてシワがたまっている状態(クッション)だと野暮ったく見えます。

スタイリッシュの代名詞とも言えるスーツスタイルですが、裾にシワがたまっていると全くスマートに見えません。

www.weddingpark.net

 

先程のロールアップするとチェック柄が現れるパンツと同じように、裾にクッションがたまった状態だと視線が集まり悪目立ちしてしまいます。

ロールアップをすることで、足首をスマートにさせスタイリッシュな印象にしてくれます。

 

足長効果

もう一つの効果は足長効果です。

パンツとデニムを同じ色にすることで、境界線がわからなくなり脚が長く見える効果があります。

裾上げやロールアップをしていない状態だと、シワがたまりクッションができます。このクッションが悪目立ちしてしまいます。その結果、視線を集め境界線が目立ち本当の脚の長さがバレてしまいます。

 

本来はショップで裾上げしてもらうのが一番良いのですが、既に持っている野暮ったいデニムを活かす方法として、ロールアップで裾上げすれば印象が変わりまた使えるアイテムになります。

また、ロールアップした黒のパンツに、ハイカットの黒のコンバースやブーツを合わせれば、境界線を目立たなくさせることが可能です。

 

ロールアップのやり方

ここからはロールアップのやり方を解説します。

やり方といってもただ捲って裾上げするだけなのですが、大前提として綺麗に捲り上げましょう。

せっかくスマートにしようとロールアップしても、シワだらけだとクッションと同じように悪目立ちしてしまいます。必ず綺麗に捲り上げることを意識してください。

 

ロールアップはどのくらい?

twitter.com

まずはどこまでロールアップするかですが、裾上げの目的はクッションを無くすことです。

そうすると「くるぶし」あたりになると思います。

ただ、パンツの太さやデザインによっては、シューズと合わせると「くるぶし」では野暮ったさが残る可能性があるので、そのような時は「くるぶしの上」あたりまで裾上げしましょう。

明確な基準はないので、パンツとシューズのバランスを見ながら調整して下さい。

 

ロールアップの幅は?

deco-jp.com

細い幅の方が目立たず大人っぽくなり、太い方がカジュアルで子供っぽくなります。

通常は細い幅で裾上げするのがいいでしょう。

ただし、あえて幅を太くしカジュアルにすることもあります。

例えば、全体的にドレスが強いためロールアップで崩してカジュアルを入れる場合です。

初心者の方はカジュアルなアイテムの方が多く持っていると思うので、基本的には細い幅でロールアップしましょう。

 

ロールアップの回数は?

www.pinterest.jp

ロールアップの回数ですが、こちらも明確な基準はありません。

生地の厚みと裾の長さによって回数は変わってきますが、大事なことはロールアップの回数が増えすぎて悪目立ちしないことです。

回数の増やし過ぎによる厚みもそうですが、位置の上げ過ぎも厳禁です。おしゃれは「自然」に「さりげなく」です。

一応回数の限界としては、ストレッチスキニーデニムなら4回が限界かと思います。

ただし、この回数も生地の厚みや太さにより変わってきますので、3回で限界だったり5回までロールアップできることもありますが、多くロールアップするのが目的ではないので間違わないようにしましょう。

 

袖のロールアップ

shopping.yahoo.co.jp

ここまで裾上げでのロールアップを解説してきましたが、ロールアップは裾上げだけではありません。

先端3首の一つである手首。実は手首でもロールアップが可能です。

手首のロールアップとは

 

腕まくり

 

裾上げのロールアップはしたことがない方もいるかと思いますが、腕まくりは誰でもしたことがありますよね。

腕まくりにも裾上げと同じ効果があり、細身のシャツを着ても袖がダボダボなだけで子供っぽくなり「ダサい」印象を与えてしまいます。

古着屋のシャツやミリタリージャケットなどは袖が長かったりしますが、腕まくりをするだけで大人っぽくなったりします。

トップスでいまいちしっくりこない時は、腕まくりを試してみることをおすすめします。

 

腕まくりにオススメな「ミラノまくり」のやり方はこちらの記事で紹介しています。

メンズシャツスタイルの襟を立てる意味と腕まくりの理由

2017.08.24

 

首のロールアップ

otokomaeken.com

先端3首の一つである首ですが、さすがに首は「首まくり」や「首上げ」などはありません。

だけど首にも全体をスタイリッシュに見せる方法があります。その方法はカットソーなどの首元の折り返しです。

首元の折り返しが太ければカジュアルで子供っぽくなり

minne.com

 

細い折り返しだとドレスで大人な印象になります。

 

プリントTシャツなどカジュアルが強いものは首元の折り返しが太い傾向にあります。

大人なスタイリッシュな着こなしを目指すなら、首元の折り返しが細いものを選びましょう。

※この画像はちょっと差があり過ぎましたねw

 

全身をドレスで大人っぽくコーディネートしても、先端3首がだらしがないと全て壊れてしまう可能性があるので、しっかりと意識するようにしましょう。

 

まとめ

デニムの裾上げはダサいのか?

答えは、デニムの裾上げがダサいのではなく、ロールアップのやり方がダサい可能性があるということです。

なので、無理にロールアップをする必要はないということですね。

野暮ったくてダサいと感じるのなら裾上げをするべきですが、注意点としては「自然」と「さりげなく」ロールアップしてください。

ロールアップする目的と効果が理解できていれば、裾上げしてダサいなんてことはありえないはずなので、今回の記事を読んだ後なら心配することはないと思います。