ファッションで体型カバーは可能?メンズ体型別おすすめの着こなし

ファッションで体型カバーは可能なのか?

 

ファッション誌やネットの画像でおしゃれなコーデを見つける。

早速真似して同じアイテムを着てみる。

なんか違うな?

同じどころかちょっとダサくね?

ていうか俺の体型こんなにバランス悪かった?

これ・・・体型悪いの目立ってね?

 

こんな悪循環を繰り返した経験はありませんか?

繰り返すことはなくても、一度は経験したことがあるメンズは多いのではないでしょうか。

 

安心してください。

 

ファッションで体型カバーは可能です。

今回はメンズの体型別おすすめの着こなしを紹介します。

 

ファッションと体型カバーの関係

ファッションで体型を隠すデザインはメンズよりもレディースのアイテムに多いです。

例えばレディースの半袖でよくある袖が大きく開いたデザイン。

www.uniqlo.com

 

「盛り袖」というレディース特有のデザインで、腕の太さを目立たなくする効果があります。

女性は男性以上に体型を気にするので、デザイン自体に体型カバーの要素が加えられたアイテムが多くあります。

最近はメンズでもデザインで体型をカバーするアイテムが増えてきましたが、今回の記事では体型カバーのデザインが施されたアイテムではなく、コーデで体型をカバーする方法を紹介します。

 

そもそもファッションの目的は体型をカバーすることが目的ではなく、おしゃれに見せるのが目的です。

体型に自信があれば体型を見せるファッションがあり、逆に体型に自信がなければ体型をカバーするファッションがあります。

このように体型に自信がないメンズでもおしゃれな着こなしができるので安心してください。

むしろ世の中のメンズは、体型に自信がない人の方が圧倒的に多いはずです。

 

体型カバーとおしゃれ

edition.cnn.com:

今回の記事では体型カバーの方法を紹介しますが、いくら体型をカバーできてもおしゃれに見られなければ意味がないですよね。

そのためにはまずメンズファッションの基本が大事になります。メンズファッションの基本はこちらの記事で詳しく解説していますが

メンズファッションのセンスの磨き方はこのコツだけ覚えればいい

2017.08.19

 

日本のメンズファッションは全身を統一する傾向があります。

パーカー、デニム、スニーカーなど、カジュアルなら全身カジュアルにする。逆にドレスならスーツスタイルです。

 

大人でおしゃれに見せるメンズファッションはドレスとカジュアルのMIXです。

さらにその比率はドレスが7でカジュアルが3の割合です。

ドレスとはスーツで使われるジャケット、スラックス、シャツ、革靴などで、カジュアルはTシャツ、パーカー、デニム、スニーカーなどです。

 

体型カバーのファッションと言っても、ドレスとカジュアルのバランスを無視しては体型はカバーできてもおしゃれには見えません。

むしろドレスとカジュアルのバランスによるおしゃれが大前提で、その上で体型もカバーすると思ってください。

正直、ドレスとカジュアルをMIXさせたコーデをすれば、少しくらいの体型コンプレックスならカバーするまでもなかったりします。

 

体型別おすすめの着こなし

ここからは体型別おすすめの着こなしを紹介します。

おしゃれに見せながら体型をカバーする方法になるので、是非参考にしてみてください。

 

背が低い

beststyle.me

背が低いメンズの体型カバーは、インソールを使って実際の身長を上げる方法がおすすめです。

厚底靴で身長を高くする方法もありますが、厚底靴はとにかく目立ちます。どれだけ高くなっているのかも丸わかりなので逆効果になります。

そこでおすすめなのが100円ショップで売っているインソールです。それもかかとを2cm上げるかかと用のインソールなどがおすすめです。

www.amazon.co.jp

 

さらにその上から靴底全体にインソールを敷けば、靴を脱いだ時もかかと用インソールが目立ちません。

具体的な商品はこちらの記事で紹介しています。

革靴の靴擦れ対策!かかと・くるぶし・足の甲の予防は100均で十分

2017.09.12

 

この方法は視覚効果を狙ったものではなく、実際に身長が高くなっているので非常に効果的です。

 

先入観を利用する方法として、ロングコートやロングカーディガンなどのロング丈アウターを使う方法があります。

otokomaeken.com

 

ロングコートなど着丈の長いものが似合う = 身長が高いとの印象があります。

この先入観を逆に利用し身長が高いと思わせるのです。

 

そのためにはパンツは細身のシルエットを使い綺麗なYラインを作ります。

ロング丈のアウターは細身でシュッとしたシルエットなので、Iラインをイメージされるかもしれませんが、面積もボリュームになるのでロング丈のアウターなどは上半身にボリュームが出ます。

上半身にボリュームがあるということは目指すシルエットはYラインになります。

 

Yラインコーデでは視線を上に集めたいので、黒の細身のパンツと黒のシューズでパンツとシューズの境界線を無くします。

境界線がなくなることでパンツと靴が一体化します。この時、シューズも目立たないものを選んでください。

こうすることで下半身へ視線が集まらなくなります。

 

視線を上げるには帽子などを使って視線を集める方法もありますが、逆に下半身を自然で地味で無難な印象にし、”無視”させることでも視線を上げさせられます。

アイテムを増やして注目させるよりも、初心者にはこちらの方が簡単です。

 

綺麗なYラインさえ作れれば、ロングコートなど丈の長いアウターをおしゃれに着こなすことができます。

丈の長いアウターをおしゃれに着こなすだけで、”かっこいい”の印象が強くなり身長が気にならなくなります。さらにロング丈が似合うということは

 

身長が低いわけがない

 

このような先入観を逆に利用することが可能です。

 

メンズ冬コートの種類や特徴、着こなし方はこちらの記事でまとめています。

メンズの冬コートの種類や特徴・着こなしを一覧で紹介

2017.10.17

 

足が短い

bimens.com

足が短い体型の方はとにかく下半身に注目を集めないようにしましょう。

その方法は先程紹介したように、黒の細身のパンツと黒のシューズでパンツとシューズの境界線を無くします。

全体のシルエットはIラインでもYラインでも構いません。

 

パンツとシューズの境界線をわからなくした次は、腰の位置を隠しましょう。

やり方はトップスやインナーの着丈で腰の位置を隠します。

腰の位置が隠れれば、どこから足が始まっているのかがわからなくなり、実際の足の長さを誤魔化せます。逆に腰の位置がはっきりわかると実際の足の長さがバレてしまいます。

足がどこから始まってどこで終わっているのかがわからないと、見ている方は勝手に良い方に想像するので足が短いとは思われません。

 

特にデニムジャケット(Gジャン)などの着丈が短いアウターを使う時は、インナーの着丈はアウターよりも長くしてください。

インナーの着丈の方が長いと短いアウターがより短く感じ、上半身も短いと錯覚することで足が長いと思われます。

 

トップスの着丈が短い場合は、インナーにロング丈のタンクトップなどを使うのが有効です。

ロング丈タンクトップの重ね着コーデはこちらの記事で紹介しています。

ロング丈タンクトップの重ね着コーデのコツ!ユニクロやGUにはない?

2017.09.29

 

足が太い

www.neqwsnet-japan.info

足が太いのが悩みの方はスキニーなどは難しいですよね。

スキニーなどのパンツは細身のシルエットが魅力ですが、実は裾の細さが一番の魅力になります。

どんなに細身のパンツでも裾がシュッとしていなければ意味がありません。逆に多少ゆったりとしたパンツでも裾さえシュッとしていればスマートに見えます。

 

パンツの先端である裾の重要性はこちらの記事で紹介していますが

おしゃれな着こなしをするため男性が気をつける3つのポイント

2017.08.20

 

ゆったりとしたシルエットで裾がシュッとしているパンツといえば、テーパードシルエットがおすすめです。

テーパードシルエットとは先端に向かって細くなるという意味で、ウエストや太ももにゆとりを持たせ、先端の裾へ向かって細くなっているのでスキニーと同じ効果を発揮します。

 

他にはストレッチの効いたアンクルパンツや、ジョガーパンツも裾が細くなっています。

大人でおしゃれなメンズファッションにはスキニーは大変便利なアイテムですが、スキニー以外でもおしゃれコーデは問題なくできるので安心してください。

詳しくはこちらの記事にまとめています。

スキニー嫌いにおすすめのスキニー以外のパンツを紹介

2017.08.22

 

中年体型

www.scoopnest.com

若い頃は中年体型を毛嫌いしていても加齢とともに多くのメンズが中年体型になります。

まずパンツに関しては先程と同じようにテーパードやストレッチの効いたアンクルパンツ、ジョガーパンツなどがおすすめです。そして問題はトップス。

 

中年体型の特徴はやはりあのお腹ですよね。

ポッコリしたお腹の隠すため細身のトップスを使われる方がいますが、逆効果なのでやめましょう。

おしゃれ初心者にはIラインコーデをおすすめしていますが、中年体型のメンズは思い切って”Yライン”に挑戦することをおすすめします。

 

トップスはジャストサイズではなくワンサイズ上げるかビッグシルエットを選びましょう。

カットソーなどはできればサイドの裾にスリットの入ったものだと、ゆったりと着こなすことができます。

zozo.jp

 

パンツはテーパードなどの裾がシュッとしたものを選んでいるはずなので、トップスだけ気をつければYラインシルエットができます。

パンツの腰回りはゆったりしているので、厳密にはYではなくOラインですね。

 

テーパードされたパンツでゆったりしているシルエット。さらに安いとなるとおすすめはユニクロのスマートスタイルアンクルパンツです。

レディースの方がシルエットが綺麗なので、私はレディースを愛用していますがメンズもあります。

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

メンズのスラックスはユニクロのレディースが安い!

2017.10.21

 

ロング丈のコートなどは着丈が長く面積があります。

面積もボリュームになるのでロング丈のアウターはジャストサイズで問題ないです。

ビッグサイズやビッグシルエットの着こなしはこちらの記事でも紹介しています。

男性のビッグサイズやビッグシルエットはダサい?おしゃれなコーデをするには

2017.09.02

 

ロングコートなどは体型を隠してくれるので、体型カバーのアイテムとしても重宝します。

 

腕が細いor太い

smartlog.jp

Tシャツを着ると腕の細さが目立つ。または腕の太さが目立つ。

このような体型カバーをするには対比効果を狙います。

 

腕が細い方は袖が細いものを選びましょう。

腕が細いのに袖が太いとガバガバになりますよね。そうするとただでさえ細い腕がより細く見えてしまいます。逆に腕と袖に余裕があまりないと腕の細さが目立ちません。

 

袖の細いデザインが見つからない時は、Tシャツの袖をロールアップさせると袖が細くなります。

また、七分袖などを使って腕の露出を少なくする方法もあります。

 

腕が太い方は袖の広いものを選びましょう。

腕と袖口に余裕がないとムチムチした感じになり腕の太さが目立ちます。

中年体型の体型カバーのようにビッグサイズやビッグシルエットを使うのも”あり”ですね。

 

顔が大きい

monde.jp

最後は顔が大きい方の体型カバーです。

女性ならまだしもメンズは顔の大きさは関係ないと思われるかもしれませんが、顔の大きさはメンズにとっても重要になります。

実は顔が小さく見えると全体のコーデのバランスが良くなるので、それだけでおしゃれに見えたりするものです。

 

顔を小さくすることはできないので、視覚効果で顔を小さく見せます。

その方法は顔の近くにものを置くことです。

女性の写真で頰に手を置いたポーズ、通称「虫歯ポーズ」ですが

 

あのポーズは顔を小さく見せる視覚効果を狙ったポーズになります。

 

写真ならまだしも普段からずっとあのポーズをしているわけにはいきませんよね。そもそもメンズがあのポーズをするのもどうかと思いますが・・・。

そこでトップスやアウター、小物を使って顔の近くにものを設置します。

具体的にはシャツの襟、タートルネック、パーカーのフードなどが使えます。小物ならマフラー、スヌード、ストールなどの首回りのアイテム、頭ならハットでも小顔効果を狙えます。

Yラインコーデの場合は上半身にボリュームを出したいので、首回りや頭に小物を使えばよりシルエットが綺麗になります。

体型と色の関係

xn--30-fg4atdpa6c8g4d6b4gb4703g.pw

最後に体型と色の関係を紹介します。

色には大きく分けて「膨張色」と「収縮色」の二種類があります。

  • 膨張色・・・白などの明るい色は膨張(太く)見せる
  • 収縮色・・・黒などの暗い色は収縮(細く)見せる

 

単純に太ってるメンズは全身黒にすればいいかというと、使うアイテムによっては「キメ過ぎ」感が出過ぎてしまいます。

黒は色の中で最もドレスが強い色になるからです。

逆に痩せ型のメンズは全身白にすればいいかというと、やはりそれも間違いです。

 

どんなに体型をカバーしてもおしゃれではないと意味がありません。

むしろおしゃれが大前提でその上で体型をカバーするのが正解です。

 

全身黒コーデに関してはこちらの記事で紹介していますが

男性の全身黒ファッションはオタク?ダサい?いいえ、おしゃれです

2017.08.21

 

全身黒は初心者が簡単にできるおしゃれコーデになりますが、使うアイテムによっては難しくなるのも事実です。

例えば黒シャツ

男の黒シャツはダサい?かっこいい?おしゃれな着こなしコーデを紹介

2017.10.02

 

または黒のロングカーディガン

メンズ黒ロングカーディガンはきもい?着こなしやコーデを紹介

2017.10.07

 

どちらもドレスが強すぎるため「キメ過ぎ」感が出る可能性があります。

また、白のパンツも初心者には非常に難しいアイテムになります。

 

ファッションでは重い色は下、軽い色は上にすると安定感が出ます。黒などの暗い色は重い色となり、白などの明るい色は軽い色となります。

誰でも無意識のうちに重いものは下(沈む)、軽いものは上(浮く)と認識しているので、ファッションの色も同じ原理となります。

白のパンツは軽い色ですが、それを下に持ってくるのは安定感を崩したコーデとなるので、初心者にはおすすめしません。

 

このように単純に「膨張色」「収縮色」だけを考えてコーデをするのは非常に危険です。

体型カバーの前におしゃれであることが前提だと意識するようにしてください。

そしてメンズファッションの大人なおしゃれは、ドレスが7でカジュアルが3のバランスであることを忘れないようにしましょう。

 

まとめ

レディースだけではなくメンズファッションでも体型カバーは可能です。

体型にコンプレックスがない方は少数派で、コンプレックスを持っている方が大多数だと思います。

今回の体型別おすすめの着こなしを是非参考にしてみてください。

 

ただ、何度も言いますがドレスとカジュアルのバランスを意識してコーディネートをすると、それだけでおしゃれ感が強くなり、多少の体型コンプレックスが気にならなくなったりします。

まずは体型を気にする前にドレス7にカジュアル3のバランスでコーデをしてみてください。

その上でしっくりいかない時は体型カバーを実践することをおすすめします。

 

メンズファッションのドレスとカジュアルのバランスはこちらの記事で解説しています。

メンズファッションのセンスの磨き方はこのコツだけ覚えればいい

2017.08.19