ジージャンに合うパンツと着こなし方やメンズコーデを紹介

ジャージャンに合うパンツといえばやっぱり

 

ジーパン?

 

もしそう思われた男性が、おしゃれ初心者なら非常に危険です。

ジージャンにジーパンを合わせたデニムオンデニム。

昔からあるコーデではありますが、実はデニムオンデニムは上級者向けの難しいコーデになります。

 

今回は、ジージャンに合うパンツ、ジージャンの着こなし方、そしてジージャンを使ったメンズコーデを紹介します。

折角なのでデニムオンデニムが難しい理由も解説します。

 

おしゃれな大人コーデ

はじめに、おしゃれな大人コーデの基本を紹介します。

おしゃれな大人コーデとはドレスとカジュアルのMIXコーデのことで、ドレスとはスーツで使われるジャケット、スラックス、シャツ、革靴など「きれいめ」と呼ばれるアイテム。

カジュアルはTシャツ、パーカー、デニム、スニーカーなど「ラフ」なアイテムです。

 

男性が大人っぽいおしゃれをするにはドレスとカジュアルのMIXコーデが基本となり、MIXの比率はドレスが7でカジュアルが3となります。

 

ジージャンは完全なカジュアルアイテムになります。

そしてジーパンもカジュアルアイテムになるので、デニムオンデニムは非常にカジュアルが強いコーデになります。

 

顔も体型も大人っぽい外国人ならおしゃれでかっこよくなりますが、童顔で子供っぽい体型の日本人ではデニムオンデニムでおしゃれな大人コーデをするのは難しくなります。

ジージャンとジーパンで強烈なカジュアルが完成しているので、これをドレスライクに持ってくのは結構大変です。

なので、おしゃれ初心者にはデニムオンデニムをおすすめしません。

 

ジージャンを使ったメンズコーデでは、ドレスとカジュアルの黄金比である7:3以外にも以下の二点を意識する必要があります。

ジージャンコーデのポイント

  • シルエット
  • カラー(色)

 

それぞれのポイントを解説します。

 

シルエット

まずはシルエットですが、おしゃれな大人コーデをするには「Iライン」「Aライン」「Yライン」の3つのシルエットのどれかを目指しましょう。

 

Iラインを作るにはトップスはジャストサイズ、パンツはスキニーやスラックスの細身のシルエットを選びます。

上下ともに細身のサイズ感を選ぶだけなので、最も簡単におしゃれな大人コーデができます。

 

次にAラインですが、トップスはジャストサイズでパンツにボリュームのあるものを使います。

トップスとパンツのボリューム差が重要で中途半端なボリューム差だと逆に野暮ったくなってしまいます。

そのためIラインシルエットよりもコーデの難易度が上がりますが、ワイドパンツを使うことでAラインシルエットは簡単に作れます。

 

最後にYラインシルエット。

Aラインとは逆にトップスにボリュームを出しパンツは細身のシルエットを使います。

トップスにボリュームを出すにはビッグシルエットやビッグサイズを使うのですが、Aラインと同じく中途半端なボリューム差だと逆に野暮ったくなるので、Iラインよりもコーデの難易度が上がります。

 

ただし、ボリュームはサイズだけではなく面積も関係しますので、ロングカーディガンやロングコートを使うことで簡単にYラインシルエットが作れます。

 

ジージャンに合うパンツとそれぞれのシルエットとの関係は後程解説します。

 

カラー(色)

カラー(色)は白、黒、グレーのモノトーンを使うことでドレスが強くなり、カラフルな色を使うとカジュアルが強くなります。

おしゃれな大人コーデでは基本はモノトーンを使うようにしましょう。

もしモノトーン以外も使うなら、全体の色数をモノトーン+1色に抑えることでコーデがしやすくなります。

 

ジージャンが+1色になっているので、他の色はモノトーンを使うことでコーデが優しくなります。

これがデニムオンデニムだと、全体的にモノトーンよりも青が強くなるのでよりカジュアルな印象が強くなります。

また、同じ青でも色が濃い方が大人っぽい印象になるので、ジージャンやジーパンは色が濃いのを選んだ方がドレスライクに使うことができます。

 

ジージャンに合うパンツ

ジージャンに合うパンツをシルエットを使いながら紹介します。

 

細身のIライン

スキニーやスラックスを使ったIラインシルエットになります。

Iラインは最もドレスが強いシルエットなので、ジージャンのようにカジュアルが強いアイテムを使う際のコーデとしては最適です。

ジージャンコーデに慣れていない男性は、まずは細身のIラインシルエットから始めましょう。

 

太めのAライン

ワイドパンツを使ったAラインシルエットになります。

ジージャンは着丈が短く面積が小さいアイテムです。

そのため上半身のボリュームを抑えられるので、その特徴を活かしワイドパンツを使ってAラインシルエットを簡単に作れます。

 

ただし、AラインシルエットはIラインに比べてカジュアル寄りになり、さらにカジュアルが強いジージャンを使っているので、ワイドパンツはスラックス素材のもので黒を使うのが無難です。

 

コートのYライン

最後はYラインシルエットになります。

Yラインシルエットは上半身にボリュームを出すので、ボリュームがないジージャンだけでは作ることができないシルエットです。

そこで使うのがロングコートです。

 

ステンカラーコートやチェスターコートなど、ドレスが強いロングコートとカジュアルが強いジージャンは相性が抜群です。

防寒にもなるので、ジージャンとロングコートを使ったYラインシルエットは冬にはおすすめです。

 

ジージャンの着こなし方

ジージャンに合うパンツやメンズコーデを解説しましたが、ジージャンの着こなし方も紹介しておきますね。

ジージャンのように着丈が短いアイテムを使う際は、インナーの長さは必ずジージャンよりも長くしてください。

 

インナーの着丈が短いと腰の位置がはっきりとわかるし、着丈が短いことでより強調されます。

腰の位置が強調されるということは、実際の足の長さがはっきりとわかるということです。

足の長さに自信があればいいのですが、おそらく多くの日本人男性は、足の長さに自信がないと思うので、インナーの着丈で腰の位置を隠してください。

これはアウターを使わずトップスだけの時も同じですが、ジージャンのように着丈が短いアウターを使うとより腰の位置が目立つので気をつけてください。

 

もしもインナーの着丈が短いようでしたら、ロング丈のタンクトップでレイヤードさせるといいですよ。

大事なことは腰の位置を隠して、どこから足が始まっているのかわからなくさせることです。

ジージャンのメンズコーデ

最後にジージャンに合うパンツのメンズコーデを紹介します。

 

Iライン

ポイント

白シャツとジージャンのコーデになります。

白シャツはドレスが強いアイテムなので、カジュアルが強いジージャンとは相性抜群です。

白スニーカーを使うことで白の統一感が生まれています。

 

ポイント

黒ニットとジージャンのコーデになります。

ドレスが強い黒でジージャンのカジュアルを弱めています。

さらに、シャツの襟を見せることでドレスライクになりますね。

 

ポイント

白ニットとジージャンのコーデになります。

白もドレス色なのでジージャンのカジュアルを弱めてくれます。

パンツは足首へ向かって細くテーパードされたアンクルパンツなので、スキニーよりもゆったりしているけど決して野暮ったくならないので、スキニーが苦手な方におすすめのパンツです。

 

ポイント

パーカーとジージャンのコーデになります。

顔の近くに物があると小顔に見せる効果があり、パーカーのフードを使って小顔効果を狙えます。

ジージャンは首回りが寂しいのでパーカーのフードを使って解消できます。

ただし、パーカーもジージャンもカジュアルアイテムなので、パーカーの色はモノトーンで無地を使うのが無難です。

パンツはタイトなサイズでシューズもドレスライクなものを使いましょう。

 

ポイント

こちらもパーカーとジージャンのコーデになります。

黒はドレスが強い色なので、全体的に黒を多めにすることでジージャンのカジュアルを弱めてくれます。

 

Aライン

ポイント

ワイドパンツとジージャンのコーデになります。

ワイドパンツを使えば簡単にAラインシルエットを作ることができます。

ただし、スキニーやスラックスよりも遊びがある分カジュアル寄りになるので、スラックス素材で黒を使うのが無難です。

首元を高くしたり革靴を使うことで大人っぽい印象を出すことができます。

 

ポイント

こちらもワイドパンツとジージャンのコーデになります。

インナーの白と靴下の白で色の統一感を出しています。

ジージャンの色を濃いめにすることでドレス寄りになります。

 

ポイント

黒以外のワイドパンツとジージャンのコーデになります。

ジージャンの色は濃いめ、トップスは黒で首元を高く、ワイドパンツは暗めの色、革靴、細かいところでドレス要素を取り入れることで大人っぽくしています。

 

Yライン

ポイント

ロングコートとジージャンのコーデになります。

ロングコートに細身のパンツを合わせれば簡単にYラインができます。

インナーにジージャンを使うことでアウターオンアウターになり、おしゃれと防寒性が高くなります。

 

ポイント

ステンカラーコートとジージャンのコーデになります。

ステンカラーコートは着丈の長さが様々ありますが、どれもジージャンより長いはずなので、どの長さでも問題ないです。

ただ、ロング丈の方が面積が多くなりボリュームが出るため、より綺麗なYラインになります。

 

ポイント

チェスターコートとジージャンのコーデになります。

ベージュやキャメルのロングコートはサラリーマンぽさが出てしまうことがありますが、ジージャンと重ね着することでサラリーマンのイメージを払拭できます。

 

まとめ

ジージャンに合うパンツをIライン、Aライン、Yラインのそれぞれのシルエットと合わせて紹介しました。

ジージャンはカジュアルが強いアイテムではありますが、パンツとシルエットを意識すれば意外と着回しが効くアイテムになります。

しかも夏以外で使えるので非常に優秀なアイテムですよね。

無理してデニムオンデニムに挑戦しなくても、ジージャンを使っておしゃれな大人コーデはいくらでもできるので、ジージャンを使って無難におしゃれをすることをおすすめします。


通販サイトがダサい理由とは?

メンズファッションの通販サイトですが、めちゃくちゃダサい商品が多いと思いませんか?

通販サイトのアイテムがダサい理由と、ダサくならないためのコーデやアイテムを紹介しています。

通販サイトは値段が安いので、正しいアイテムを選んでコスパの良いおしゃれをしましょう!!