秋冬のテーラードジャケットにおすすめのインナーと着丈の長さは?

夏に比べて秋冬のメンズファッションは使うアイテムが多くなります。

夏のアイテムが少なすぎるので秋になると急にバタバタしたりしますよね。

そんな時におすすめなのがテーラードジャケットです。

 

夏のコーデにテーラードジャケットを羽織るだけでサマになりますし、マフラーやスヌードなどを使えば秋でもいけます。

インナーにニットやタートルネックを使えば初冬も問題なかったりします。

 

今回はそんな秋から冬にかけて重宝するテーラードジャケットの選び方やおすすめのインナー、そしてインナーの着丈の長さを解説します。

 

スポンサーリンク

テーラードジャケットの選び方

まずはテーラードジャケットの選び方ですが、最初にメンズファッションで大人っぽいおしゃれをするための基本をお伝えします。

 

メンズファッションで大人っぽいおしゃれをするには、ドレスが7でカジュアルが3の割合でMIXさせるのが基本になります。

ドレスとはスーツで使われるジャケット、スラックス、シャツ、革靴など「綺麗め」と呼ばれるアイテムで、カジュアルはTシャツ、パーカー、デニム、スニーカーなど「ラフ」なアイテムです。

 

テーラードジャケットは誰がどう見てもドレスアイテムになるので、全体のコーデとしてはテーラードジャケットをドレスアイテムとして使い、インナーやパンツ、シューズでカジュアルアイテムを使います。

中途半端にカジュアルなテーラードジャケットを使うと、全体のコーデが難しくなるのでテーラードジャケットはドレスライクなものを選びましょう。

 

シルエット

marche.pw

シルエットは細身のものを選びます。

テーラードジャケットに限らず、どのアイテムでも細いものはドレスとなり、太いものはカジュアルになります。

例えばカジュアルアイテムのデニムも細いと大人っぽいドレスな印象となり

www.uniqlo.com

 

太いと子供っぽいカジュアルな印象になります。

【D COLLECTION】

 

テーラードジャケットも同じで必ず細身のものを選んでください。

なので、普段スーツで使っているジャケットは使わない方がいいです。

 

ビジネスで使われるスーツは機能性を重視するためシルエットが太めのものが多いです。

袖や着丈も長めなので、スーツスタイルで使うには問題なくても、ジャケットだけを私服で使うと野暮ったい印象になります。

私服では私服用に細身のテーラードジャケットを購入するようにしましょう。

 

デザイン

smartlog.jp

次はデザインです。

シルエットでは仕事で使うスーツのジャケットは使わないようにと言いましたが、デザインに関しては仕事でも使えるくらいシンプルなものを選んでください。

 

柄や装飾が多ければ多いほどカジュアルとなります。

おしゃれ初心者はテーラードジャケットをドレスとして使うのが無難なので、刺繍が入ったものやポケットがいっぱいついているものではなく、極力シンプルなデザインを選びましょう。

 

カラー(色)

www.pinterest.jp

最後はカラー(色)です。

色はモノトーンがドレスになりカラフルであるほどカジュアルになります。

テーラードジャケットなので、カラフルな色を選ぶことはあまりないかと思いますし、モノトーンといっても白を選ぶこともないはずです。

グレーか黒になりますが、黒の方がドレスが強いので、インナーやパンツにカジュアルが強いアイテムを合わせても子供っぽくならないので、初心者には黒がおすすめです。

 

秋冬におすすめのインナー

le21eme.com

ドレスライクなテーラードジャケットを選んだ後はインナー選びです。

初秋でしたらTシャツにテーラードジャケットを羽織るだけでサマになります。これなら夏のコーデにテーラードジャケットを合わせるだけなので簡単ですね。

気温が下がってくるとTシャツにテーラードジャケットだと肌寒くなるので、長袖のインナーを使いましょう。

 

カットソー

  • アウター:COMME des GARCONS
  • トップス:no brand
  • パンツ:ZARA
  • シューズ:UGG

 

長袖カットソーとのコーデになります。

ボーダー柄のカットソーはカジュアルアイテムになりますが、テーラードジャケットがドレスなのでバランスが取れています。

ボーダーではなく無地のカットソーならもっとドレス寄りにすることができます。

 

シャツ

  • アウター:JOURNAL STANDARD
  • トップス:LAD MUSICIAN
  • パンツ:JOURNAL STANDARD

 

シャツを使ったコーデになります。

テーラードジャケット、スラックス、革靴とドレスアイテムで固めているので、シャツの柄が多少強くても子供っぽくなりません。

ただし柄シャツの色までカラフルにすると、バランスが崩れる可能性があるので気をつけましょう。

 

パーカー

  • アウター:WEGO
  • トップス:GU
  • パンツ:GU
  • シューズ:adidas

 

パーカーを使ったコーデになります。

パーカーはカジュアルが強いアイテムですが、ドレスが強いテーラードジャケットとの相性はいいです。

テーラードジャケットは襟が寝ているので、パーカーのフードを使えば小顔効果を狙うことができます。

 

ニット

  • アウター:JOURNAL STANDARD relume MEN
  • トップス:SHIPS JET BLUE
  • パンツ:AMERICAN RAG CIE
  • シューズ:adidas

 

ニットを使ったコーデになります。

網目の細かいハイゲージニットはドレスアイテムなので、テーラードジャケットと合わせるとドレスが強くなります。

その分カジュアルも強くする必要がありますが、そんな時はデニムとスニーカーが最適です。

 

タートルネック

  • アウター:LIDnM
  • トップス:LIDnM
  • パンツ:CULLNI
  • シューズ:Guranisuta

 

タートルネックを使ったコーデになります。

モノトーンで無地のタートルネックはドレスになりますが、ワイドパンツを使って崩しています。シルエットもAラインになるのでIラインよりもカジュアルなシルエットとなります。

タートルネックも首元が寂しいテーラードジャケットにはよくあいます。

 

トレーナー

  • アウター:STUDIOUS
  • トップス:STUDIOUS
  • パンツ:STUDIOUS
  • シューズ:CONVERSE

 

トレーナー(スウェットシャツ)を使ったコーデになります。

トラーナーもカジュアルアイテムですが、テーラードジャケットとスラックスのドレスで固めることで、子供っぽさがなくなります。

トレーナーは色や素材の質感によってはドレス寄りなものもあります。そんな時はスニーカーを使うなどしてバランスを調整しましょう。

 

インナーの着丈の長さは?

fanblogs.jp

テーラードジャケットを使う際のインナーの着丈の長さですが、最低でも腰の位置が隠れる着丈の長さを選びましょう。

腰の位置がはっきり見えてしまうと、どこから足が始まっているのかがわかり実際の脚の長さがバレてしまいます。

インナーの着丈で腰の位置を隠すことで実際の脚の長さをごまかすことができ、結果、脚を長く見せることに繋がります。

 

インナーの着丈を長くするメリットはもう一つあります。

私服で使うテーラードジャケットは細身のシルエットを選ぶので、スーツで使うジャケットよりも着丈が短いことが多いです。

インナーの着丈を長くすることで、アウターであるテーラードジャケットをより短く見せることができ、胴を短く見せることができます。

胴が短いということは脚が長い。

つまりスタイルが良いと思わせることが可能となります。

 

インナー以外の防寒アイテム

最後にインナー以外の防寒アイテムを紹介します。

 

首に巻くもの

  • アウター:LIDnM
  • トップス:LIDnM
  • パンツ:LIDnM
  • シューズ:adidas

 

テーラードジャケットのように襟が寝ているのデザインには、マフラーやスヌード、ストールなどを使えば小顔効果を狙うことができます。

もちろん防寒性にも優れています。

 

上記画像ではスヌードを使っていますが、スヌードやストールはボリュームが出るためマフラーよりもおすすめです。

防寒性を重視するならストールよりもスヌードとなります。

 

マフラーはスーツスタイルでも使われるので、コーデによってはドレスが強くなりすぎたり、サラリーマンぽくなる可能性があるので、そういった意味でもスヌードをオススメします。

 

ダウンベスト

www.mag2.com

テーラードジャケットにダウンベストを合わせたコーデになります。

イタリアではジャケットとダウンベストの組み合わせは「ジャッカ・エ・ジレ」(ジャケットにベストを羽織る)という名前が付いているほど一般的なコーデです。

 

ポイントとしては

  • ジャケットと同系色のダウンを選ぶ
  • シンプルなダウンを選ぶ

 

この二つに注意すれば簡単にイタリア紳士になれます。

 

まとめ

秋冬はテーラードジャケットが使いやすくておすすめです。

その際、インナーの着丈の長さには気をつけてください。

真冬の寒い季節にはテーラードジャケットの上からコートなどを重ね着するのもありですよ。

冬はコートを着てるとおしゃれだけど、コートを脱ぐと「普通」なんてことがありますが、コートを脱いでもテーラードジャケットを羽織っていれば、脱いでもおしゃれとなるのでおすすめです。