地味なのにおしゃれに見えるメンズファッションってどんなの?

自分の服装が地味でおしゃれじゃないと思ってる方、結構多いのではないでしょうか。

そもそも、おしゃれなメンズファッションとはどんな服装なんでしょう。

 

誰も真似できないような奇抜なメンズファッション。

 

そのようなファッションを目指している方には、何もお伝えすることはないのですが、仮に10人中10人の女性が平均点以上を出すメンズファッションなら十分可能です。

 

しかも思いっきり地味なアイテムを使って!!

 

今回は地味なのにおしゃれに見えるメンズファッションを紹介します。

 

「地味=ダサい」「派手=おしゃれ」ではない

派手な人はおしゃれで、地味な人はダサいと思われることが多いのですが

 

そんなことはありません!!

 

派手でおしゃれな男性は確かにいますが、誰でも真似できるわけではありませんし、誰からも好感を持たれるわけでもありません。

見ているぶんにはいいけど、実際にデートで一緒に横で歩かれたら、迷惑と感じる女性もいます。

 

一部の女性から好かれる、リスクの高いおしゃれをするよりも、多くの女性から好かれる、リスクの低いメンズファッションをする方がいいと思いませんか?

 

しかも、多くの女性から好かれるリスクの低いメンズファッションは、誰でも真似できるのが嬉しいところです。

それこそ、ユニクロやGUで売られている地味なアイテムでも、大人っぽいコーデさえすればおしゃれに見せることができます。

ユニクロやGUのアイテムなら、日本全国誰でも購入できますし、ファッションにお金をあまり出せない男性でも安心ですよね。

 

地味でダサく見えるのは、アイテムの組み合わせが悪かったり、全体的に野暮ったい印象になるからダサくなるだけで、大人っぽいコーデさえすればおしゃれなメンズファッションになります。

つまり、地味なのがダサい印象にするのではなく、野暮ったいのがダサい印象にするのです。

 

どんなに地味なアイテムを使っても、スタイリッシュなコーデをすればおしゃれに見せることは可能なので、まずはおしゃれに見せる大人コーデの基本を解説します。

 

おしゃれに見せる大人コーデ

地味でもおしゃれに見せる大人コーデとは、ドレスとカジュアルのMIXコーデになります。

ドレスとはスーツで使われるジャケット、スラックス、シャツ、革靴など「きれいめ」と呼ばれるアイテムで、カジュアルはTシャツ、パーカー、デニム、スニーカーなど「ラフ」なアイテムです。

 

男性が大人っぽいおしゃれをするにはドレスとカジュアルのMIXコーデが基本となり、MIXの比率はドレスが7でカジュアルが3となります。

 

更にアイテムだけではなく以下の三点を意識することで、どんなに地味なアイテムを使ってもおしゃれに見せることができます。

おしゃれに見せるポイント

  • シルエット
  • カラー(色)
  • 先端3首

 

それぞれのポイントを解説します。

 

シルエット

まずはシルエットですが、基本的には「Iライン」「Aライン」「Yライン」の3つのシルエットのどれかを目指しましょう。

逆にこの3つのシルエットから外れると、地味で野暮ったい印象になってしまいます。

 

Iラインを作るにはトップスはジャストサイズ、パンツはスキニーやスラックスの細身のシルエットを選びます。

上下ともに細身のサイズ感を選ぶだけなので、最も簡単におしゃれに見せるメンズファッションができます。

 

次にAラインですが、トップスはジャストサイズでパンツにボリュームのあるものを使います。

トップスとパンツのボリューム差が重要で中途半端なボリューム差だと逆に野暮ったくなってしまいます。

そのためIラインシルエットよりもコーデの難易度が上がりますが、ワイドパンツを使うことでAラインシルエットは簡単に作れます。

 

最後にYラインシルエット。

Aラインとは逆にトップスにボリュームを出しパンツは細身のシルエットを使います。

トップスにボリュームを出すにはビッグシルエットやビッグサイズを使うのですが、Aラインと同じく中途半端なボリューム差だと逆に野暮ったくなるので、Iラインよりもコーデの難易度が上がります。

 

ただし、ボリュームはサイズだけではなく面積も関係しますので、ロングカーディガンやロングコートを使うことで簡単にYラインシルエットが作れます。

 

基本はこの3つのシルエットですが、細身のアイテムを使うのに抵抗がある方には、Oラインシルエットがおすすめです。

Oラインシルエットはトップスとパンツの両方がゆったりとしていますが、パンツの足首はシュッとテーパード(細く)させるのがポイントです。

イージータイプのスラックスやテーパードパンツを使うことで簡単にOラインができます。

 

シルエットの美しさでは、Iライン、Aライン、Yラインに劣りますが、無理してIラインシルエットを作ってる方が痛々しいので、それなら綺麗なOラインシルエットを作った方がおしゃれに見えます。

 

カラー(色)

カラー(色)は白、黒、グレーのモノトーンを使うことでドレスが強くなり、カラフルな色を使うとカジュアルが強くなります。

実はメンズファッションで最も地味な印象を与えるのが色です。

 

モノトーンや暗い色だと地味な印象が強くなり、派手なカラフルな色だと奇抜な印象が強くなりますよね。

そして、派手な色を多用したメンズファッションは、なんとなくおしゃれに見える。

人と違うこと、差別化している人はおしゃれに見えるもので、最も人との違いがわかりやすいのが色です。

 

だけどちょっと待ってください!!

 

色を使った差別化ってすごく難しいんです。

色数が増えるとまとまりがなくなり、さらに子供っぽさも強くなります。

これで多くの女性から好感を持たれようと思ったら、よっぽど顔が良くないと難しいですよ。

もう顔でカバーするしかありません。

 

だったら、他の人と同じようなアイテムを使ってるのにおしゃれと思われる。

こっちの差別化の方が良くないですか?

しかもこちらの方が再現性が高いです。

 

具体的にはどんな色を使えばいいかというと、白、黒、グレーのモノトーンだけで十分です。

 

特におしゃれ初心者は、モノトーン以外は使わなくていいです。

むしろ使うな!!w

 

モノトーン以外を使うならカラフルな色ではなく、暗い地味な色を選んでください。

そして全体の色数はモノトーン+1色に抑えるようにしてください。

 

カラフルな色で子供っぽくなると、本当にダサくなります。

そして、モノトーン以外の暗い色ばかりを多用しても野暮ったくなります。

それならモノトーンで統一した方がスタイリッシュでおしゃれに見えます。

 

先端3首

先端3首とは

  • 首元
  • 手首
  • 足首

 

この三カ所になります。

どんなにドレスアイテムを使ってコーデをしても、この3首がだらしないとそれだけで野暮ったくなりダサい印象になります。

 

ヨレヨレの襟、ブカブカの袖、ダボダボの裾がどれか一カ所あるだけで子供っぽい印象になります。

袖が長いようなら腕まくりをする、裾が長いようなら裾上げかロールアップをさせる。

逆にこの3首さえしっかりすれば、それだけで地味な印象がなくなりおしゃれでスタイリッシュに見えます。

 

メンズファッションで最も地味な印象を与えるのが色なら、最も野暮ったい印象を与えるのはこの3首です。

特に多いのが裾ですね。

ダボダボの裾は本当にダサいです。

ロールアップさせてスッキリさせましょう。

 

試しに鏡の前で地味だと思うコーデをしてみてください。

そして裾をロールアップさせて、なんなら軽く腕まくりをしてみてください。

これだけでスタイリッシュでおしゃれな印象になると思いますよ。

 

ロールアップに関してはこちらの記事で解説しています。

>デニム裾上げダサい?ロールアップはどのくらい?やり方と回数を解説

 

腕まくりに関してはこちらの記事です。特にオススメはミラノまくりです^^

>メンズシャツスタイルの襟を立てる意味と腕まくりの理由

地味なのにおしゃれに見せるファッション

最後に地味なのにおしゃれに見せるファッションを紹介しますね。

 

まずはメンズファッションで無難と言われるコーデになります。

無難な服装やコーデは”地味”と思われることが多いのですが、そんなことはありません。

>メンズファッションで無難な服装やコーデってどんなの?

 

次に女性からモテるガチコーデ。

派手で奇抜なファッションがモテるわけではありません。地味でも落ち着きがあるファッションの方が需要はあったりします。

>男のモテる服装を画像でガチ解説!!

 

初デートの時はこのコーデがおすすめです。

初デートこそ冒険するべきではないので、地味なのにおしゃれに見せるファッションを意識した方がいいですね。

>初デートで男性におすすめの服装とは?ダサい服装だけは避けるべき!

 

年代別のコーデはこちらを参考にしてください。

年代別でさらに季節で分けているので参考にしてください。

>20代と30代の地味なのにおしゃれに見せるコーデ

 

おしゃれは足元からと言われるように、シューズ選びも重要です。

足元は目立つ場所なので、シューズこそ悪目立ちしない地味なものを選びましょう。

>メンズが大人コーデをするなら持っておくべき靴は?

 

私服がダサいと言われたくない男性はこちらですね。

仕事でスーツを着ていると大人っぽく見えるので、私服で派手なものを使うと子供っぽさが増します。

普段スーツの人ほど私服は”地味なのにおしゃれに見せる”を意識してください。

>モテる男は私服が違う!大人モテコーデファッションの極意とは

 

定番アイテムのデニムをおしゃれに見せるポイントを解説してます。

デニムはカジュアルが強いので、地味でもおしゃれに見せるアイテムで使うにはちょっとコツが必要です。

>メンズデニムのおすすめの色は?おしゃれに見せる3つのポイント

 

雰囲気イケメンになれるメガネもおしゃれアイテムとしては有効です。

メガネを使うだけで簡単に脱・地味ができるのでおすすめです。

>メンズがメガネでおしゃれになるには色とフレーム!安いのはココだ!

 

白シャツや白Tシャツは透けやすいのでインナーの色には気をつけてください。

白シャツや白Tシャツは、地味なのにおしゃれに見せるアイテムとしては有効なので、透け対策は万全に行いましょう。

>白シャツや白Tシャツの下に着るインナーの色は?

 

全身ユニクロでおしゃれをする方法を解説しています。

地味の代名詞的なユニクロですが、全身ユニクロでも十分おしゃれは可能です。

>全身ユニクロの男はあり?ダサい?おしゃれは無理なのか

 

通販サイトはダサいアイテムが多いので気をつけてください。

派手で奇抜なアイテムが多い通販サイトなので、何も考えず購入すると本当にダサいファッションになります。

>メンズファッション通販サイトがダサい理由とは?

 

まとめ

メンズファッションでは地味なアイテムを使っても、十分おしゃれに見せることは可能です。

地味なのがダサいのではなく、子供っぽくて野暮ったいのがダサい理由です。

モノトーンを中心にスタイリッシュで大人なコーデを目指しましょう。

奇抜なファッションで差別化をするのではなく、みんなと同じアイテムなのにおしゃれな方がカッコいいですよね^^


通販サイトがダサい理由とは?

メンズファッションの通販サイトですが、めちゃくちゃダサい商品が多いと思いませんか?

通販サイトのアイテムがダサい理由と、ダサくならないためのコーデやアイテムを紹介しています。

通販サイトは値段が安いので、正しいアイテムを選んでコスパの良いおしゃれをしましょう!!