メンズの黒ニットを使った冬コーデを画像で解説!!

メンズの冬のトップスと言えば

 

ニット!!

 

というくらい冬コーデの定番アイテムであるニット。

ニットはカラー展開が豊富なアイテムになりますが、中でも黒ニットはやはり使いやすいですね。

 

そこで今回はメンズの黒ニットを使った冬コーデを画像で解説します。

 

おしゃれな大人コーデ

黒ニットの冬コーデの前に、おしゃれな大人コーデの基本を紹介します。

おしゃれな大人コーデとはドレスとカジュアルのMIXコーデになります。

ドレスとはスーツで使われるジャケット、スラックス、シャツ、革靴など「綺麗め」と呼ばれるアイテムで、カジュアルはTシャツ、パーカー、デニム、スニーカーなど「ラフ」なアイテムです。

 

男性が大人っぽいおしゃれをするにはドレスとカジュアルのMIXコーデが基本となり、MIXの比率はドレスが7でカジュアルが3となります。

詳しい方法に関してはこちらの記事で解説しています。

>>おしゃれでモテる男になる3つの方法とは!?

 

黒ニットの着こなし

smartlog.jp

ニットは編み目によってドレスにもカジュアルにもなるハイブリッドアイテムになります。

 

ハイゲージ

misurastyle.com

編み目の細かいメンズニットになります。

生地が薄く光沢があるのが特徴でインナーとして使うこともできます。そのためスーツスタイルで使われることも多いです。

ハイゲージはドレスアイテムとなります。

 

ローゲージ

misurastyle.com

編み目が大きく「ざっくり」としたメンズニットになります。

生地が厚く柄があるものが多いです。糸が太いためインナーよりもアウターとして使われるのが一般的です。

ローゲージはカジュアルアイテムになります。

 

ミドルゲージ

misurastyle.com

ハイゲージとミドルゲージの中間になります。

明確な基準があるわけではないので、デザインや編み目の大きさによってドレスにもカジュアルにもなります。

 

このようにニットは編み目によってドレスにもカジュアルにもなるのですが、おしゃれな大人コーデで使いやすい編み目はハイゲージになります。

おしゃれな大人コーデではドレス強めの7:3を作る必要があり、メンズのアイテムはカジュアルの方が多いのでドレスで使えるハイゲージニットが初心者にはおすすめです。

 

ただ、黒は色の中で一番ドレスが強く、メンズの冬コーデはロングコートや全体的に黒が多くなるのでドレスが作りやすい季節とも言えます。

そのためミドルゲージやローゲージでも黒ニットなら大人コーデに使えることが多々あります。

そういった意味では黒ニットを一着持ってるだけでコーデの幅が広がります。

黒ニットの冬コーデ

黒ニットを使った冬コーデを画像で解説します。

 

  • アウター:OAKLAND
  • トップス:ADAM ET ROPE’
  • パンツ:GU
  • シューズ:VANQUISH

 

デニムのワイドパンツはカジュアル寄りのアイテムですが、色が濃いのとグレーのステンカラーコートでドレスを作っています。

さらに黒ニットで大人の印象となります。

 

  • アウター:SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH
  • トップス:AKM Contemporary
  • インナー:wjk black
  • パンツ:LIDnM
  • シューズ:HARE

 

ベージュのアウターがモノトーン+1色となります。

黒ニットと黒パンツでドレスを強めにし着丈の短いベージュのアウターでカジュアルダウンさせています。

 

  • アウター:MONKEY TIME
  • トップス:Kirov
  • インナー:MONKEY TIME
  • パンツ:MONKEY TIME
  • シューズ:Unline by alfredoBANNISTER

 

カジュアルが強いスタジャンを使った冬コーデです。

モノトーンのスカジャンと黒ニット、黒スキニーに革靴とスカジャン以外をドレス寄りにさせることで子供っぽさをなくしています。

 

  • アウター:FACTOTUM
  • トップス:FACTOTUM

 

黒ニットで全身を黒にしネイビーのロングコートで黒を弱めています。

ネイビーは知的な印象となるので大人っぽさが増します。

 

  • アウター:TAGLIATORE
  • トップス:ZARA
  • パンツ:SIVIGLIA
  • シューズ:BERWICK

 

カジュアルアイテムのデニムですが、ドレスが強いテーラードジャケットと黒ニットでバランスを調整しています。

革靴を使うことでよりドレスライクにしていますね。

 

  • トップス:MONO-MART
  • パンツ:MONO-MART
  • シューズ:glamb

 

黒ニットにスラックスのシンプル冬コーデになりますが、明るい色のスニーカーでMIXコーデとなっています。

 

  • ニット:MONO-MART
  • シャツ:MONO-MART
  • インナー:GILDAN
  • パンツ:MONO-MART
  • シューズ:NIKE

 

白シャツと黒ニットの冬コーデになります。

ニットセーターは首元が寂しいので、タートルネックやシャツとの重ね着すれば首元の寂しさを解消できます。

 

  • アウター:LIDnM
  • トップス:Lui’s
  • パンツ:URBAN RESEARCH
  • シューズ:Reebok

 

ライダースと黒ニット、黒スキニーの全身黒コーデになります。

全身黒はキメ過ぎ感が出ることがあるのですが、ライダースの無骨な男のイメージとMIXさせることで、キメ過ぎ感を弱めています。

 

  • アウター:HARE
  • トップス:Right-on
  • パンツ:Right-on
  • シューズ:Paraboot

 

ライダースと黒ニットにグレーのスラックスを合わせることで、知的な大人の印象となります。

 

  • アウター:UNIQLO
  • トップス:GU
  • インナー:WEGO
  • パンツ:UNIQLO
  • シューズ:CONVERSE

 

MA-1と黒ニットの冬コーデになります。

MA-1はカジュアルなアイテムになりますが、黒ニットと黒スキニーで黒を多めにすることでドレスを入れています。

カーキのMA-1でも同じコーデは可能となります。

赤のスニーカーが差し色のアクセントとなっています。

 

  • トップス:BAYFLOW
  • インナー:BAYFLOW
  • パンツ:ZARA
  • シューズ:adidas

 

デニムと黒ニットの冬コーデになります。

カジュアルが強いデニムですが、黒ニットと白シャツでMIXコーデを作っています。

白シャツの襟と裾に白スニーカーを合わせることで白の統一感を出しています。

 

  • トップス:Lui’s
  • インナー:RAGEBLUE
  • パンツ:STUDIOUS
  • シューズ:Dr.Martens

 

ビッグサイズやビッグシルエットの黒ニットを使った冬コーデになります。

Iラインシルエットに比べてYラインシルエットはカジュアル寄りになりますが、黒ニットと色の濃いデニム、さらに革靴でドレスとカジュアルのバランスを調整しています。

 

  • アウター:green label relaxing
  • トップス:WHO’S WHO gallery
  • パンツ:MR.OLIVE

 

ニットパーカーを使った冬コーデになります。

パーカーはカジュアルが強いアイテムになりますが、ニットの素材感や全身を黒にしグレーのチェスターコートでMIXコーデを作っています。

 

  • トップス:GAP
  • インナー:WEGO
  • パンツ:SEVENDAYS=SUNDAY
  • シューズ:Reebok

 

黒ニットで全身を黒にしていますが、赤のスニーカーと青のシャツでカジュアル要素を入れています。

色数が増えるとカジュアルが強くなり子供っぽい印象になりますが、赤も青も差し色的な使い方なので子供っぽい印象がありません。

 

  • アウター:HERE’S
  • トップス:Lui’s
  • インナー:UNIQLO
  • パンツ:HARE
  • シューズ:Dr.Martens

 

赤系の色は黒とよく合う色になります。

とはいえ、面積が広いコートで使うとコーデが難しくなるのですが、全身を黒にすることで大人っぽい印象となります。

 

  • アウター:OAKLAND
  • トップス:OAKLAND

 

黒のスヌードと黒ニットを使ったコーデになります。

スヌードは差し色としての使い方もありますが、トップスと合わせても問題ありません。

 

  • アウター:nano・universe
  • トップス:nano・universe
  • インナー:SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH
  • パンツ:GLOBAL WORK
  • シューズ:Dr.Martens

 

黒ニットと白のタートルネックを使った冬コーデになります。

首元が寂しいニットセーターなのでタートルネックとの相性はいいです。

タートルネックの色は白はもちろん黒のタートルネックでもアンサンブルとなりドレスライクになります。

 

  • アウター:8(eight)
  • トップス:UNIQLO
  • インナー:8(eight)
  • パンツ:RAGEBLUE
  • シューズ:CONVERSE

 

Gジャンと黒ニットの冬コーデになります。

カジュアルが強いGジャンですが黒ニットと黒スキニーでドレス要素を入れています。

もっとドレスライクにしたければ黒スニーカーや革靴という選択肢もあります。

 

  • アウター:nano・universe
  • トップス:Lui’s
  • インナー:RAGEBLUE
  • パンツ:WEGO
  • シューズ:ROCKPORT

 

モッズコートと黒ニットの冬コーデになります。

男の印象があるモッズコートは一歩間違えると”不潔”な印象にもなります。

黒ニットと黒スキニーで黒を強めにすることで、綺麗なYラインシルエットとなり清潔感と大人の印象を出せます。

 

  • アウター:BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS
  • トップス:FREAK’S STORE
  • パンツ:ZARA
  • シューズ:adidas

 

ダッフルコートと黒ニットの冬コーデになります。

ダッフルコオートは子供っぽい印象になるので、ロング丈のものを使うと大人っぽくなります。

さらに黒ニットを合わせることでよりドレスライクに。

 

  • トップス:Avail
  • インナー:WEGO
  • パンツ:GU
  • シューズ:CONVERSE

 

黒ニットに黒スキニーのシンプル冬コーデになります。

インナーに白黒ボーダーのタンクトップを使い、コンバースのシューズも白黒となり色の統一感が出てています。

 

  • アウター:john mason smith
  • トップス:john mason smith
  • パンツ:john mason smith
  • シューズ:CONVERSE

 

着丈の長いアウターは大人っぽい印象になるので、多少カジュアルな色使いでも大人コーデが可能となります。

ポイントはトップス、パンツ、シューズをモノトーンにして全体の色数をモノトーン+1色に抑えることです。

ハイゲージやミドルゲージの黒ニットはドレスアイテムとして使えるので非常に有効です。

 

  • トップス:Lui’s
  • パンツ:lideal

 

デニムと黒ニットの冬コーデになります。

非常にシンプルな冬コーデですが、黒ニットが大人っぽいのでカジュアルなデニムに合わせても子供っぽくなりません。

 

まとめ

メンズの黒ニットを使った冬コーデを画像で解説しました。

黒ニットは一着持っているだけでコーデの幅が広がりますし、ビッグシルエットやビッグサイズの黒ニットも持っていると、よりコーデの幅が広がります。

おしゃれな大人コーデをするには大変便利なアイテムなので、冬コーデにはおすすめのアイテムになります。