メンズ黒パーカーの冬コーデを画像で解説!!

メンズの冬は黒を使ったコーデが多くなります。

そのため全身黒を避けるため黒パーカーを使うのに抵抗を感じる男性もいるかもしれませんが、黒パーカーは冬のコーデには非常に使いやすいアイテムになります。

今回は黒パーカーを使ったメンズの冬コーデを画像で解説します。

 

おしゃれな大人コーデ

黒パーカーの冬コーデの前に、おしゃれな大人コーデの基本を紹介します。

おしゃれな大人コーデとはドレスとカジュアルのMIXコーデになります。

ドレスとはスーツで使われるジャケット、スラックス、シャツ、革靴など「綺麗め」と呼ばれるアイテムで、カジュアルはTシャツ、パーカー、デニム、スニーカーなど「ラフ」なアイテムです。

 

 

男性が大人っぽいおしゃれをするにはドレスとカジュアルのMIXコーデが基本となり、MIXの比率はドレスが7でカジュアルが3となります。

詳しい方法に関してはこちらの記事で解説しています。

>>おしゃれでモテる男になる3つの方法とは!?

 

黒パーカーの着こなし

www.complex.com

パーカーはカジュアルアイテムになりますが、黒はドレスが強い色のため黒パーカーは他の色のパーカーに比べてドレス寄りのアイテムになります。

 

とはいえ、デザインはやはりカジュアルなので、ドレスかカジュアルと聞かれると非常に微妙な感じですが、メンズの冬のコートはドレスが強いデザインが多いので、黒パーカーの微妙な感じが実は意外とハマったりするのも事実です。

 

さらにメンズの冬のアウターは襟が寝ているデザインが多いので、パーカーのフードで首元の寂しさを解消し小顔効果も狙うことができます。

 

黒のロングコートを使って全身黒になると「キメ過ぎ」感が出る可能性がありますが、黒パーカーを使った全身黒だと「キメ過ぎ」感が弱まり全身黒コーデがカジュアルダウンします。

そのため他のアイテムを使った全身黒コーデよりも、黒パーカーによる全身黒は着こなしやすいです。

 

黒パーカーの冬コーデ

メンズの黒パーカーを使った冬コーデを紹介します。

 

ライダース

  • アウター:VANSON×Ronherman
  • トップス:uniform experiment
  • インナー:T BY ALEXANDER WANG
  • パンツ:ACNE
  • シューズ:Y-3

 

シングルライダースと黒パーカーを使った冬コーデになります。

パーカーのカジュアルがライダースの無骨で男なイメージを弱めソフトにしています。

 

  • アウター:ZIP FIVE
  • トップス:ZIP FIVE
  • インナー:zip select
  • パンツ:CHEAP MONDAY
  • シューズ:ZIP FIVE

 

ダブルライダースと黒パーカーを使った冬コーデになります。

シングルライダースよりもカジュアルが強いダブルライダースですが、全身黒でドレスを作っています。

ロング丈のインナーで縦のレイヤードを作ればアクセントになります。画像のコーデではグレーのインナーがその役割となります。

 

ジャケット

  • アウター:Leyline
  • トップス:Leyline
  • パンツ:MONKEY TIME

 

コーチジャケットと黒パーカーを使った冬コーデになります。

着丈の短いアウターは子供っぽい印象になりますが、パンツに黒スキニーを使うことでYラインとなり子供っぽさが弱まります。

パーカーのフードやリュックも上半身のボリュームや視線を集める効果があるので、綺麗なYラインを作るのに一役買ってます。

コーチジャケットの色とスニーカーの色を合わせて青の統一感を出しています。

 

  • アウター:BEAMS
  • トップス:nrelaxing
  • インナー:MONKEY TIME
  • パンツ:URBAN RESEARCH
  • シューズ:Dr.Martens

 

黒のコーチジャケットと黒パーカーを使った冬コーデになります。

黒のコーチジャケットは他の色よりもドレスが強くなります。ジャストサイズのコーチジャケットですがパーカーをビッグサイズにすることでYライン気味のシルエットになってます。

ドレスアイテムの革靴を使うことで大人っぽさが増しています。

 

  • アウター:Purple&Yellow
  • トップス:WEGO
  • パンツ:ユニクロ

 

カーキのアウターと黒パーカーを使った冬コーデになります。

色数が増えるとカジュアル寄りになるのですが、全身黒はドレスが強いのでアウターに違う色を使っても子供っぽくなりません。

簡単にモノトーン+1色が作れるのもいいですよね。

 

  • アウター:WEGO
  • トップス:HARE
  • インナー:STUDIOUS
  • パンツ:HARE
  • シューズ:HARE

 

ノーカラースタジャンと黒パーカーを使った冬コーデになります。

スタジャンもカジュアルアイテムですが、モノトーンなので他の色のスタジャンよりもカジュアルが弱まってます。

パンツと革靴がドレスアイテムとなり、全体の色もモノトーンが中心なので大人っぽいコーデになってます。

ノーカラーのスタジャンなので、首元の寂しさをパーカーのフードが解消しています。

 

  • アウター:GU
  • トップス:AMERICAN RAG CIE
  • インナー:NOT RIGID
  • パンツ:GU
  • シューズ:VANS

 

MA-1と黒パーカーを使った冬コーデになります。

MA-1もパーカーもデニムもカジュアルアイテムになりますが、細身のMA-1とデニムでIラインシルエットを作りカジュアルを弱めています。

カジュアルアイテムが多めになっても、綺麗なIラインシルエットができれば大人っぽく見せることができます。

 

  • アウター:URBAN RESEARCH
  • トップス:NIKE
  • インナー:H&M
  • パンツ:GU
  • シューズ:PUMA

 

こちらも黒のMA-1と黒パーカーを使った冬コーデになります。

パンツを細身の黒にすることでよりドレスが強くなりますが、パーカーのジップを開けてインナーの白カットソーを見せてることで全身黒を避けています。

明るい色のスニーカーもアクセントになっています。

 

  • アウター:green label relaxing
  • トップス:AMERICAN RAG CIE
  • インナー:NOT RIGID
  • パンツ:ユニクロ
  • シューズ:VANS VAULT

 

カーキのMA-1と黒パーカーを使った冬コーデになります。

カーキのMA-1はカジュアルアイテムですが、トップスとパンツとシューズを黒で統一し、細身のパンツでIラインシルエットを作り大人っぽくしています。

MA-1は横に広がっているシルエットもありますが、シャープなシルエットの方がコーデが簡単になります。

ロングコート

  • アウター:古着
  • パーカー:STUDIOUS
  • トップス:Purple&Yellow
  • パンツ:COMME CA COMMUNE
  • シューズ:adidas originals

 

黒のチェスターコートと黒パーカーを使った冬コーデになります。

ドレスが強いチェスターコートですが、パーカーと合わせることでカジュアルダウンします。

スニーカーもカジュアルが強いデザインですが、黒のチェスターコートのドレスが強いので子供っぽくなりません。

スニーカーの赤いラインが差し色になっています。

 

  • アウター:EDIFICE
  • トップス:ADAM ET ROPE’
  • パンツ:KURO
  • シューズ:adidas

 

黒のチェスターコートと黒パーカーを使った冬コーデになります。

リムパンツはリム部分がカジュアルっぽいのですが、先端の足首がシュッとなるので大人っぽくなり黒を使えばよりドレスライクになります。

チェスターコートのように襟が寝ているデザインにはパーカーのフードがよくあいます。

白のインナーで縦のレイヤードを作り白スニーカーと合わせることで色の統一感を出しています。

 

  • アウター:GLOBAL WORK
  • トップス:JOURNAL STANDARD
  • パンツ:NIKE
  • シューズ:KLEMAN

 

黒のチェスターコートと黒パーカーを使った冬コーデになります。

カジュアルが強いパンツとパーカーの組み合わせなのでだいぶカジュアルライクになってますが、黒のチェスターコートはドレスが強いので子供っぽくなりません。

これだけカジュアルが強いパンツでも大人っぽくなるので、黒のチェスターコートと黒パーカーを決めてしまえば、パンツとシューズにカジュアルの余裕が生まれコーデがしやすくなります。

 

  • アウター:GLOBAL WORK
  • トップス:STUSSY
  • インナー:wjk
  • パンツ:GU
  • シューズ:adidas

 

グレーのチェスターコートと黒パーカーを使った冬コーデになります。

グレーのチェスターコートもドレスアイテムですが黒よりはドレスが弱まります。

黒パーカーに柄が入るとカジュアルが強くなるのですが、色の濃いデニムでバランスを調整しています。

首元、腰、スニーカーで白の統一感を出しこなれた感じがしますね。

 

  • アウター:GLOBAL WORK
  • トップス:無印良品
  • パンツ:ユニクロ
  • シューズ:New Balance

 

グレーのチェスターコートと黒パーカーを使った冬コーデになります。

チェスターコートとスニーカーの色を合わせて統一感を出しています。

黒パーカーを使うと全身黒になる可能性が高くなるのですが、グレーのチェスターコートは黒よりも使いやすいので初心者にもおすすめです。

 

  • アウター:Revo.
  • トップス:Adam et Rope’
  • インナー:FREAK’S STORE
  • パンツ:DIESEL
  • シューズ:CONVERSE

 

チェックのチェスターコートと黒パーカーを使った冬コーデになります。

チェックは子供っぽい印象になるのですが、グレーのチェスターコートなら問題なく大人コーデに使えます。

黒のパーカーとパンツで大人っぽさを出しながら、インナーとスニーカーの白がアクセントになっています。

 

  • アウター:BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS
  • トップス:無印良品
  • パンツ:BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS
  • シューズ:CONVERSE

 

ベージュのチェスターコートと黒パーカーを使った冬コーデになります。

ベージュのチェスターコートはサラリーマンっぽさが出る可能性があるので、デニムなどカジュアルが強いアイテムで崩すのがポイントです。

黒のパーカーはドレスの要素もあるので、大人っぽさを出しながらもフードでカジュアルダウンさせています。

 

  • アウター:GU
  • トップス:ユニクロ
  • パンツ:GU
  • シューズ:NIKE

 

ベージュのチェスターコートと黒パーカーを使った冬コーデになります。

トップスとパンツが黒で統一されていますが、パーカーだとキメ過ぎることなく大人コーデが可能になります。

パーカーがベージュのサラリーマンっぽさも弱めてくれますね。

 

  • アウター:BLACK&BLUE
  • トップス:N.HOOLYWOOD
  • パンツ:SHAREEF
  • シューズ:foot the coacher

 

グレーのロングコートと黒パーカーを使った冬コーデになります。

ワイドパンツはスキニーやスラックスよりも遊びがある分カジュアル寄りとなりますが、全身を黒が強めのモノトーンにすることで大人っぽさを出しています。

通常ワイドパンツを使う際はAラインシルエットとなりますが、着丈が長いアウターは大人っぽくなるので、意外とワイドパンツとの相性がいいです。

 

  • アウター:VINTAGE
  • トップス:VINTAGE
  • パンツ:A.P.C.
  • シューズ:MARTIN MARGIELA

 

ミリタリー系のカーキのロングコートと黒パーカーを使った冬コーデになります。

コートがカジュアル寄りの質感とシルエットなので、細身のパンツでしっかりとYラインを作り、目立つ先端は革靴で締めています。デニムも色が濃いのでカジュアルが弱まっています。

パーカーのフードは上半身にボリュームを出し視線を集めるので、Yラインシルエットを作るのに一役買ってます。

他の色だとカジュアル寄りになるので、一番ドレスが強い黒を使うことで大人っぽさを出しています。

 

まとめ

黒パーカーを使ったメンズの冬コーデを画像で開設しました。

冬のメンズはドレスなアウターが多いのでパーカーは非常に有効になります。

さらに色を黒にすればカジュアル寄りのアウターでも使えますし、ドレス寄りのロングコートに使えばパンツやシューズにカジュアルを使う余裕ができるので、冬の黒パーカーはおすすめです。