メンズニットカーディガンの選び方とおしゃれなコーディネート

メンズのニットカーディガンが万能すぎる!!

ニットカーディガン使ってますか?

カーディガンは真夏以外の3シーズン使える万能アイテムです。しかも、真夏でもエアコンが効いた室内では大変重宝します。

夏のラフな格好にニットカーディガンを肩掛けして、室内のエアコンが効いてる時はカーディガンを羽織る。大人な感じがしますよね。

 

ドレスアイテムが少ないメンズアイテムで、メンズカーディガンは貴重なドレスアイテムです。

ちなみに、ドレスとはスーツで使われるジャケット、スラックス、シャツ、革靴など「綺麗め」と呼ばれるアイテムで、カジュアルはTシャツ、パーカー、デニム、スニーカーなど「ラフ」なアイテムです。

 

メンズファッションで大人っぽいおしゃれをするには、ドレスが7でカジュアルが3の割合でMIXさせるのが基本です。

ドレスとカジュアルをMIXさせる基本をおさえた上で、メンズニットカーディガンの選び方と、おしゃれなコーディネート画像を紹介します。

ニットカーディガンの肩掛けや腰巻のコーディネートも解説したいと思います。

 

カーディガンの選び方

smartlog.jp

カーディガンの選び方ですが、ニットカーディガンはドレスにもカジュアルにも兼用できるハイブリットアイテムになります。

メンズのアイテムはドレスが少ないので、最初のニットカーディガンはドレスとして使うことをおすすめします。

ここからはドレスとしてのニットカーディガンの選び方を紹介します。

 

カーディガンの編み目

ニットカーディガンの編み目には大きく分けて三種類あります。

詳しくはこちらの記事で解説していますが

メンズニットの選び方と合わせ方・着こなし方を紹介

2017.08.25

 

イメージとしては、スーツとワイシャツの間にカーディガンを着たりする、薄い生地で光沢があるものがハイゲージ。

編み目が大きく「ざっくり」としたん編み目で、柄があったりモコモコしたカーディガンがローゲージです。

そしてハイゲージとローゲージの中間がミドルゲージとなります。

 

シルエット

otokomaeken.com

シルエットは細身を選択します。

ニットカーディガンに限らず、細身はドレス、太めはカジュアルとなります。カーディガンもドレスライクにするのなら細身一択となります。

また、ニットカーディガンでYラインを作る際は、ゆったりめのカーディガンを選択するので、カラーやパンツをドレスライクにして調整しましょう。

 

デザイン

smartlog.jp

ハイゲージニットでドレスライクにするのなら、無地でシンプルなデザインを選びましょう。

柄があったりポケットが多いなど、装飾が増えるほどカジュアルで子供っぽくなります。特にハイゲージニットはドレスアイテムなので、シンプルで無難なものを選択してください。

ローゲージで柄のあるカーディガンを選択する際は、ドレス色であるモノトーン系を選択するようにしましょう。

 

カラー(色)

kaumo.jp

ドレスライクにするのならハイゲージの無地で、カラー(色)は黒やグレーのモノトーンか、暗い色がおすすめです。

カジュアルを強くしたいならYラインを作るのも面白いです。ただし、カジュアルが強くなりすぎないよう、初心者の方はモノトーン系の色を無難に選択しましょう。

 

Iラインのコーディネート

メンズニットカーディガンを使ったIラインのコーディネートになります。

Iライン、Aライン、Yラインの中で最もドレス寄りのラインです。

 

Tシャツ

vokka.jp

Tシャツとデニムのカジュアルスタイルですが、モノトーン系のカーディガンでドレスにしたコーディネートです。

靴を革靴にすればよりドレスライクになります。

 

白シャツ

otokomaeken.com

カジュアルっぽいデザインのパンツですが、白シャツ、カーディガン、革靴をモノトーンで統一しドレスライクにしたコーディネートです。

 

チェック

mens.tasclap.jp

全体的にドレスライクなコーディネートですが、インナーにチェックのシャツを合わせたコーディネートです。

首元からチェックを覗かせることで、適度なカジュアルと首元のアクセントを演出しています。顔の近くに襟があることで小顔効果も狙えます。

 

ボーダー

mens.tasclap.jp

ボーダーとデニムのカジュアルコーデです。

黒のカーディガンと靴の色を黒にすることでドレスを取り入れています。

 

柄Tシャツ

vokka.jp

子供っぽくなる柄のTシャツですが、色を黒にすることでドレス寄りにしています。

全身黒のコーディネートはドレスを強くし、カーディガンの色をモノトーン以外を使うことでバランスを調整しています。

 

モノトーン+1色

mens.tasclap.jp

モノトーンにプラス1色を足したコーディネートです。

トップスは印象を変える役割があるので、カーディガンに使う色で全体の印象が変わってきます。

Yラインのコーディネート

最も簡単にYラインシルエットが作れるのが、ロングカーディガンです。

細く縦に長いことからIラインと思われがちですが、ロング丈のカーディガンやコートは面積が広い分、トップスにボリュームが出ます。

このボリュームを活かし一番綺麗なシルエットになるのがYラインです。

Iライン、Aライン、Yラインの中で最もカジュアル寄りのラインです。

 

Tシャツとデニム

Tシャツとデニムのラフなコーディネートです。

黒のロングカーディガンと革靴、レザーバッグでドレスを入れています。ロングカーディガンは面積が広いため全体に与える印象が強いです。

そのためTシャツとデニムのカジュアルなコーディネートにも、黒のロングカーディガンを羽織るだけでドレス寄りになります。

 

www.jiggys-shop.jp

同じくTシャツとデニムのコーディネートですが、カーディガンの色と靴が違うことで、先程のコーディネートよりもカジュアル寄りになっています。

 

黒スキニー

www.jiggys-shop.jp

全体をモノトーン系で揃えたコーディネートです。

トップスとパンツ、靴がモノトーンなので締まった印象ですが、影響力のあるロングカーディガンをグレーにすることで、全体が柔らかくなります。

 

スウェット

vokka.jp

キング・オブ・部屋着のスウェットを使ったコーディネートです。

トップスとパンツを黒にし、スウェットパンツも細身を選択。ドレスアイテムのロングカーディガンを使うことで部屋着のスウェットもおしゃれに着こなせます。

スウェットパンツのおしゃれな着こなしはこちらの記事でまとめています。

メンズスウェットパンツは細身を選べ!おすすめの色とおしゃれな着こなし

2017.08.26

 

ロングTシャツとカーディガン

ロング丈のカーディガンではなく、インナーにロングTシャツを使ってもYラインのシルエットを作れます。

アウターの丈よりもインナーの丈を長くするメリットは、腰の位置をわかりづらくし、脚を長く見せることです。

逆にアウターよりもインナーを短くすると、腰の位置がはっきりわかり実際の足の長さがバレてしまいます。

 

モノトーン

インナーは白のロングTシャツになります。

アウター丈よりもインナー丈を長くすることで、脚がどこから始まっているのかわかりづらくしています。

 

ボーダー

ボーダーのロングTシャツをインナーにしています。

革靴の影響もありカジュアルなボーダーTシャツも大人っぽく見えます。

 

モノトーン+1色

モノトーン+1色のコーディネートです。

こちらもロング白Tシャツがインナーとなります。カーディガンの色を変えるだけで全体の印象がかわります。

 

カーディガンの肩掛け・腰巻き

夏のカーディガンには肩掛け(プロデューサー巻きが)、または腰巻きがおすすめです。

エアコンの効いた室内で、寒い時は簡単に羽織ることができ、肩掛けや腰巻きなら持ち歩く際も邪魔になりません。

 

肩掛け

モノトーンを基調としたドレスライクなコーディネートでは地味になりがちですが、そんな時、肩掛けはアクセントとなります。

特に夏のコーディネートは首元が寂しくなりがちですが、肩掛けにより首元のアクセントになり、顔の近くに物があると小顔に見える効果も狙うことができます。

また、相手の視線が上になるので身長を高く見せる効果もあります。

vokka.jp

matome.naver.jp

otokomaeken.com

 

腰巻き

腰巻のメリットは、お尻の大きさをカバーしたり、足の太さや短さをごまかせる効果があります。

肩掛け同様、ドレスライクなモノトーンコーデで地味になった際、アクセントを加えることができます。

fashioneye2.com

 

まとめ

オールシーズンで使えるニットカーディガン。

IラインやYラインなど、シルエットを作りやすいのも特徴です。

さらに、肩掛けや腰巻などのアクセントも加えやすく、おしゃれ初心者にはとても助かるアイテムになります。

今回のカーディガンの選び方を参考に、おしゃれなコーディネートに挑戦してみてください。