メンズスウェットパンツは細身を選べ!おすすめの色とおしゃれな着こなし

キング・オブ・部屋着とも言えるスウェットパンツ。

履き心地が楽なので部屋着には最適ですよね。

そんなスウェットパンツをおしゃれに着こなそうと思ったら、部屋着と同じような着こなしをするのは非常に危険です。

 

メンズのスウェットパンツでおしゃれな着こなしをするにはルールがあります。

このルールさえ守ればスウェットパンツもおしゃれアイテムとして活用できます。

 

今回は、メンズスウェットパンツのおしゃれな着こなしと、おすすめの色を紹介します。

特におしゃれ初心者は、今回紹介するルール、特におすすめの色を守った着こなしをしてください。

 

着こなしルール

メンズのスウェットパンツのおしゃれな着こなしにはルールがあります。

ご存知の通りスウェットパンツは完全なカジュアル着です。おしゃれな着こなしにはドレス7に対してカジュアル3のバランスが必要になります。

 

ドレスとはスーツで使われるジャケット、スラックス、シャツ、革靴など「綺麗め」と呼ばれるアイテムで、カジュアルはTシャツ、パーカー、デニム、スニーカーなど「ラフ」なアイテムです。

 

カジュアルが強いスウェットパンツには、他をドレスで固める必要がありますが、カジュアルが強いだけに選択肢は限られてきます。

つまり「これ以上カジュアルアイテムを増やすわけにはいかない」ということです。

 

あとはドレスアイテムだけを増やせばいいので、そういった意味では意外と簡単に着こなせるアイテムでもあります。

 

シルエット

domebra.com

カジュアルが強いスウェットパンツなので、シルエットは必然的に細身になります。

動きやすいからと、太いスウェットパンツを選ぶとよりカジュアルになります。酷いとパジャマと間違えられます。

 

スウェットパンツにもスキニータイプで細身のシルエット、先端である裾も細くなっているテーパードシルエットを選択してください。

持っているスウェットパンツがテーパードされていないようなら、ロールアップして足首を見せるのもありです。

 

ボトムスの選び方はこちらの記事でまとめています。

ファッションで重要なボトムスの選び方と初心者におすすめはコレ!

2017.08.19

 

デザイン

monde.jp

デザインは無地でシンプルなものを選択します。

とはいえスウェットパンツなので、あまり装飾が施されたものはないと思いますが。

 

カラー(色)

www.pinterest.jp

カラー(色)は白、黒、グレーのモノトーン系を選択しましょう。

カラフルなスウェットパンツはカジュアルが強くなり過ぎます。

ドレスのカラーはモノトーン系の白、黒、グレーですが、おしゃれ初心者は白のパンツは避けましょう。

理由は、白は軽い色だからです。

 

人は無意識のうちに軽いものは上、重いものは下と認識しています。白は軽い色となり、黒や暗い色は重い色となります。

つまりトップスは軽い色、パンツや靴は重い色であるのが「自然」と認識しているので、パンツが軽い色になると違和感を覚えます。

 

もちろん、白いパンツをおしゃれに履くことは可能ですし、実際にビジネスシーンでも白いパンツをおしゃれに着こなしている人もいますが、おしゃれの難易度は高くなります。

初心者の方は、まずは「自然」におしゃれをすることを意識しましょう。

 

おすすめの色は?

monde.jp

スウェットパンツで白を避けると、残りは黒かグレーになります。

グレーはザ・スウェットって感じですよね。それだけに一歩間違えるとパジャマに見えてしまいます。なので、おしゃれな着こなしをするための最初の1本は、黒がおすすめの色となります。

 

グレーが好き、または持っているスウェットパンツがグレーの場合は、トップスの色を黒にしてみましょう。

白だと余計にパジャマ感が出る可能性があるので、色の中で一番ドレスライクな黒色を合わせることで、脱パジャマが目指せます。

おしゃれな着こなし

スウェットパンツはカジュアルが強いアイテムなので、他でドレスを多めに使いバランスを調整するのがおしゃれな着こなしになります。

 

ポロシャツ

www.pinterest.jp

ポロシャツを使った着こなしです。

全身黒にすることでドレスライクになっています。

黒のシャツだと夜のイメージが強くなりますが、ポロシャツを使うことでバランスが取れています。

 

白シャツ

matome.naver.jp

白シャツを使った着こなしです。

画像では黒のカーディガンを羽織ってますが、白シャツだけでも問題ないです。

ハイゲージのカーディガンはドレスライクになるので、気温の下がる時期にはもってこいですね。

 

ハイゲージカーディガンに関してはこちらの記事で解説しています。

メンズニットの選び方と合わせ方・着こなし方を紹介

2017.08.25

 

カーディガン

mens.tasclap.jp

カーディガンを使った着こなしです。

先程、ハイゲージカーディガンに触れましたが、ドレスライクなハイゲージカーディガンを使えば、白シャツではなくても大人っぽい着こなしが可能となります。

 

ロングカーディガン

mens.tasclap.jp

ロングカーディガンを使った着こなしです。

カーディガンをモノトーン以外の色を使うことで、モノトーン+1色でアクセントになります。ハット、ツヤのある靴、クラッチバッグがドレスライクになっています。

 

ジャケット

fululuri.net

ジャケットを使った着こなしです。

ザ・ドレスのジャケットとザ・カジュアルのスウェットパンツを組み合わせた着こなしです。ハットがドレスとなりますが、スニーカーでカジュアルを作ってます。

スニーカーの色を黒にすることで若干ドレスに寄せています。

 

グレー × 白シャツ

matome.naver.jp

白シャツを使った着こなしです。

グレーは一歩間違えるとパジャマに見えるので、おしゃれ初心者には黒のスウェットパンツをおすすめしていますが、グレーのスウェットパンツを履く時は白Tシャツではなく白シャツを選択しましょう。

白Tシャツだとパジャマ感が強くなってしまいます。

 

白シャツとグレーのスウェットパンツでは全体の印象がボヤける可能性があるのですが、黒のカーディガンを肩がけすることでアクセントになり、全体が引き締まります。

 

グレー × Pコート

matome.naver.jp

Pコートを使った着こなしです。

グレーはドレスの色になるのですが、スウェットパンツの場合はパジャマ感が出てしまいます。

 

脱・パジャマにはトップスの色を黒にすることをおすすめします。

黒のドレスライクなアイテムを使えばパジャマの印象を消すことができます。

 

スウェットパンツの注意点

ドレス要素を増やしおしゃれな着こなしをしても、スウェットパンツであることには変わりません。

結婚式の二次会や高級レストランなど、フォーマルな場ではスウェットパンツを履くのは控えましょう。

 

また、年配の方からすると、どんなにおしゃれな着こなしをしても、やはり”部屋着”と見られる可能性が高いので、場所と相手を考えて履くようにしてください。

 

まとめ

メンズスウェットパンツのおすすめの色と、おしゃれな着こなしを紹介しました。そしてシルエットは細身一択です。

今回は、スウェットパンツありきで説明しましたが、逆にドレスが強いコーデにスウェットパンツを加え、カジュアル寄りにする方法もあります。

もちろん部屋着としても使え、幅広く使うことができるスウェットパンツは、値段もリーズナブルなのでおすすめです。

 

また、おしゃれな着こなしの練習用としても非常に便利です。

スウェットパンツはカジュアルが強いので、シルエットやカラーでドレスを作ります。

カジュアル色が強いスウェットパンツなので、他のアイテム以上にドレスを入れておしゃれな着こなしができることを実感しやすいと思います。

 

自宅にあるスウェットパンツで練習する際は、袖口がテーパードされてなければロールアップしましょう。ただし、カラーが白でシルエットが太めだと難しいです。

もし手持ちのスウェットパンツが使えない時は、ユニクロやGUで購入できるので1本買ってみることをおすすめします。

レディースの方が安くてシルエットが綺麗なことがあるので、試着してサイズに問題がなければレディースを購入するのもありです。