おしゃれでモテる男になる3つの方法とは!?

モテる男には8つの必須条件があるのをご存知でしょうか?

この8つの条件を満たせばモテる男になるわけですが、全ての条件を満たするのは大変そうだと思っている男性もいるのではないでしょうか。

実は、おしゃれになるだけでモテる男の8つの条件を満たすことができます。

今回はおしゃれとモテる男の関係性と、おしゃれでモテる男になる3つの方法を解説します。

 

モテる男の条件とは

jion.tokyo

はじめにモテる男の8つの条件を紹介します。

  1. 自信と余裕
  2. 笑顔が爽やか
  3. 気配りができる
  4. 仕事ができる
  5. 身だしなみ・ファッションを気遣ってる
  6. とにかくマメ
  7. 会話で女性を楽しませている
  8. 自分も幸せ、かつまわりも幸せにする力がある

引用:LIGHT UP

 

この8つの条件がモテる男の条件とのことですが、おしゃれと関係があるのは

 

4.身だしなみ・ファッションを気遣ってる

 

これだけと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

自信と余裕

おしゃれができるようになると自信と余裕が出ます。

 

笑顔が爽やか

自分のファッションを気に入っていると自然と笑顔が出ますし、おしゃれな人の笑顔は爽やかに見えます。

 

気配りができる

おしゃれをするようになると服のことを気にするようになります。

そしておしゃれに関しては女性の方が敏感なので、女性の服装の変化など細かいところに目がいくようになり、結果的には気配りができるようになります。

 

仕事ができる

おしゃれな男性はセンスで服を選ぶ人も多いのですが、はじめからおしゃれだったわけではありません。

なんども挑戦し失敗を繰り返し、何が悪いのかを考えまた挑戦します。

これをそのまま仕事に活かせば仕事ができないわけがありません。

 

身だしなみ・ファッションを気遣ってる

こちらに関したは言わずもがなですね。

おしゃれな男性が身だしなみやファッションを気遣っていないはずがありません。

 

とにかくマメ

おしゃれな男性はマメな人が多いです。

全体の色数を考えたり、スヌード、靴下、インナーの重ね着で同じ色を使ったりなど、細かいところにも労力を惜しまないコーデを見ると、マメだな〜と感心します。

 

会話で女性を楽しませている

男性よりも女性の方がおしゃれに興味を持っている方は多いです。

おしゃれな男性はそれだけで女性との会話が盛り上がります。

 

自分も幸せ、かつまわりも幸せにする力がある

おしゃれな男性は新しい服を購入しただけで幸せになります。

そしておしゃれな男性と一緒に歩いていて嫌だという女性はいません。つまり一緒にいる女性にも幸せを感じさせることができるということです。

友人や女性からのおしゃれの相談に乗ってあげれば喜ばれますしね。

 

このように、おしゃれになるだけでモテる男の8つの条件を全て満たすことができます。

 

おしゃれな男はモテる?

全てのおしゃれな男性がモテるというわけではありませんが、間違いなく言えることは

 

おしゃれな方が有利!!

 

例えば、似たような条件の男性が二人いたとします。

一人はダサい男、もう一人はおしゃれな男、どちらが有利かといえば、もちろんおしゃれな男性ですよね。

 

おしゃれな男性がモテるのか女性の口コミを紹介します。

 

やはりおしゃれな男性は女子ウケがいいですね。

おしゃれでモテる3つの方法

おしゃれでモテる男になるには以下の3つの方法があります。

おしゃれでモテる3つの方法

  1. ドレスとカジュアルの黄金比
  2. モテるシルエット
  3. モテる男の先端3首

 

実際にはもっと方法はあるのですが、ここで紹介する3つの方法は基本になるので、まずはこの3つの方法を実践しましょう。

 

ただし、女性にも好みがあるので、全ての女性からこの方法でモテるわけではありませんが、大多数の女性からおしゃれと思われる方法になります。

実際に計算してわけではないのですが、10人女性がいたら7〜9人からおしゃれと思われるはずです。

少なくともダサいと思う女性はいないはずです。

 

ドレスとカジュアルの黄金比

まず1つめですが、おしゃれな男になるにはドレスとカジュアルのMIXが必要になります。

ドレスとはスーツで使われるジャケット、スラックス、シャツ、革靴など「綺麗め」と呼ばれるアイテムで、カジュアルはTシャツ、パーカー、デニム、スニーカーなど「ラフ」なアイテムです。

 

ドレスとカジュアルのMIXさせる比率はドレスが7でカジュアルが3です。

この比率がおしゃれでモテる男の黄金比になります。

 

モテない男のファッションは何が悪いかというと、ドレスが0でカジュアルが10の比率が多いです。

例えば、派手なパーカーにダボっとしたデニム、派手なスニーカー。

顔つきや体型が大人な外国人ならサマになりますが、童顔で子供っぽい体型の日本人では高確率でダサくなります。

 

ドレスが5でカジュアルが5でも日本人男性ではおしゃれに見せるのは難しいです。

そのためドレスを強めの7にして、カジュアルを3に抑えるのがおしゃれでモテる男の黄金比になります。

 

テーラードジャケット、スラックス、革靴などはドレスアイテムとなりますが、アイテム以外でもドレスの要素はあります。

ドレス要素

  • 細身のシルエット
  • シンプルなデザイン
  • モノトーン

 

この3つがドレス要素となるため、デニムのようにアイテムとしてはカジュアルでも、細身のシルエットで、刺繍などのデザインがないシンプルなもの、黒や濃い色のデニムならドレス要素が強いです。

黒のスキニーデニムをイメージして頂くとわかりやすいかと思います。

出典:www.neqwsnet-japan.info

 

モテるシルエット

おしゃれでモテる黄金比の次はシルエットです。

メンズファッションにはモテるシルエットがあります。

モテるシルエット

  • Iライン
  • Aライン
  • Yライン

 

この3つのシルエットがおしゃれでモテる男のシルエットになります。

 

Iライン

出典:monde.jp

Iラインの作り方は、細身のトップスとパンツを使うことでできます。

最も簡単で最もドレスライクなシルエットなので、おしゃれ初心者はまずはIラインを目指すようにしましょう。 

 

Aライン

出典:zerokarahazimeru.hatenablog.com

Aラインシルエットの作り方は、トップスよりもパンツにボリュームを出すことで作れます。

ポイントは上下でしっかりとメリハリをつけることです。

トップスとパンツで少し差がある程度だと逆にダサくなってしまうので、ワイドパンツを使うのが確実です。

 

Iラインよりも遊びがある分カジュアル寄りのシルエットなので、全体の色数は白、黒、グレーのモノトーンか、モノトーン+1色に抑えるのが無難です。

カラフルな色はカジュアルとなり、色数が増える分だけカジュアルが強くなります。 

 

Yライン

www.pinterest.jp

Yラインの作り方はAラインの逆で、トップスにボリュームを出しパンツは細身のシルエットにすることで作れます。

Yラインもトップスとパンツのメリハリが重要になるので、ビッグサイズやビッグシルエットのトップスにスキニーなどを合わせるとYラインになります。

Iラインに比べてカジュアル寄りのシルエットになります。

 

トップスのボリュームはサイズだけではなく、面積もボリュームになります。

そのためロング丈のコートやカーディガンでもYラインは作れます。そしてロングコートはドレスが強いのでYラインのシルエットがいい感じにドレスを崩してくれたりします。

首元にスヌードやストールなどでボリュームを出したり、リュックを使ってもボリュームが出せるので綺麗なYラインを作ることが可能となります。

 

この3つがおしゃれでモテる男のシルエットになるので、必ずどれかのシルエットを作るようにしましょう。

これまでおしゃれに無頓着だった男性はIラインから始めることをおすすめします。

 

モテる男の先端3首

最後は先端3首です。

先端3首とは

モテる男の先端3首

  • 手首
  • 足首

 

この3つのことです。

おしゃれでモテる黄金比とシルエットを守っても、この3首がダメだとダサくなる可能性が高いです。

逆に多少ダサいアイテムを使ってもこの先端3首さえしっかりすれば、意外とサマにります。それだけ重要な箇所ということですね。

 

まずは視線を集めやすい首元です。

Tシャツなどカットソーの首元は大きく分けて「クルーネック(丸首)」「Uネック」「Vネック」の三種類があります。

首元の肌を露出することで色気を出すことができますが、やり過ぎると「不自然」になります。

おしゃれでモテる男は「自然」で「さりげなく」が前提になります。

 

Uネックは「さりげなく」ではなく「あからさま」が強くなり、Vネックは直線のラインが「不自然」に見えてしまいます。

「自然」におしゃれでモテる男の色気を出すには「クルーネック(丸首)」がおすすめです。

 

通常のクルーネックでも問題ないのですが、もっと色気を出したのであれば首回りが少し開いたクルーネックもあるので、そちらを選択するといいでしょう。

Vネックであれば浅めのVネックだと自然になります。

 

手首

出典:matome.naver.jp

次は手首です。

手首は曲線を見せることで色気が出ます。

仕事中の男性が腕まくりをするのが好きという女性が多いのは、手首に色気を感じるからと思われます。

また、普段ビシッとしているスーツスタイルの男性が、カジュアルに腕まくりをして出す色気、このギャップも関係しているのではないでょうか。

 

トップスの袖が長くゆったりしているとダサい印象になるので、腕まくりをしてスッキリさせましょう。

腕まくりをするだけでおしゃれに見えたりするものです。

 

足首

www.pinterest.jp

最後は足首です。

裾が長くシワがたまった部分を「クッション」と言いますが、細身のパンツを選択してもクッションをそのままにしていると台無しです。

足首も目立つ場所なので、裾上げやロールアップで必ずクッションを処理するようにしましょう。

逆に少しゆったりめのデニムでもロールアップさせることでおしゃれに見えたりします。

 

まとめ

おしゃれでモテる男になる3つの方法は

おしゃれでモテる3つの方法

  1. ドレスとカジュアルの黄金比
  2. モテるシルエット
  3. モテる男の先端3首

 

ドレスが7でカジュアルが3、これがおしゃれでモテる男の黄金比になります。

アイテム以外でのドレス要素としては

ドレス要素

  • 細身のシルエット
  • シンプルなデザイン
  • モノトーン

 

さらにモテるシルエットは

モテるシルエット

  • Iライン
  • Aライン
  • Yライン

 

最後にモテる男の先端3首は

先端3首

  • 手首
  • 足首

 

黄金比、シルエット、先端、この3つを実践することで、おしゃれでモテる男になるので挑戦してみてください。