おしゃれな着こなしをするため男性が気をつける3つのポイント

おしゃれな着こなしをするためには3つのポイントがあります。

この3つのポイントは特に男性は気をつけるべきだと思います。おそらく3つのポイントを知ると、おしゃれ初心者の方なら、きっと今まで気にしていなかったと感じるはずです。

 

逆にこの3つのポイントを意識するだけで、おしゃれな着こなしになるので是非今回の記事を参考にしてみてください。

 

先端3首

xn--bck1b9ak9etdvb5f4840d.com

おしゃれな着こなしをするための3つのポイントとは

 

先端3首

 

になります。

 

着こなしの先端とは「首」「手首」「足首」のことで、この3つを3首と言います。

おしゃれに興味のない男性は、首がヨレヨレのTシャツを着ていたり、腕の太さの2倍もある袖口の半袖ワイシャツを着たり、スラックスの裾が長すぎでシワが溜まっていたりしても気にしません。

 

どんなにおしゃれな着こなしをしても、この3首をおろそかにすると一気に野暮ったくなります。

逆にこの3首を意識するだけで全体の印象が落ち着き、おしゃれな着こなしになります。

 

まずは視線を集めやすい首元です。

Tシャツなどカットソーの首元には、大きく分けて「クルーネック(丸首)」「Uネック」「Vネック」の三種類があります。

 

首元の肌を露出することで色気を出すことができますが、やり過ぎると「不自然」になります。

おしゃれな着こなしは「自然」や「さりげなく」が前提になります。

 

そういった意味では、Uネックは露出しすぎになり「さりげなく」ではなく、「あからさま」の印象が強くなり、Vネックはあの直線のラインが「不自然」に見えてしまいます。

 

おしゃれ初心者が「自然」に色気を出すには、「クルーネック(丸首)」をおすすめします。

通常のクルーネックでも問題ないのですが、多少色気を出したのであれば首回りが少し開いたクルーネックもあるので、そちらを選択するといいでしょう。

fashion-basics.com

 

Vネックを着たいのであれば、浅めのVネックもあるのでそちらを選択しましょう。

store.melrose.co.jp

 

手首

matome.naver.jp

次は手首です。

手首は曲線を見せることで色気が出ます。女性でビジネスマンの腕まくりが好きという方が多いのは、普段ビシッとしているスーツスタイルとカジュアルの色気、このギャップによるものと思われます。

 

トップスやアウターを腕まくりするだけで印象が変わります。

www.essence-web.jp

 

袖口が長めだったりゆったりしていると、野暮ったさが出てしまうので、そんな時は腕まくりをしてスッキリさせましょう。

 

身幅や肩幅が広いトップスやアウターだとダボっとしてしまい、おしゃれな着こなしとは言えませんが、腕まくりをするだけで案外なんとかなったりします。

逆にそれだけ洋服の先端が大事ということですね。

 

おしゃれな腕まくりのやり方はこちらの記事で紹介しています。

メンズシャツスタイルの襟を立てる意味と腕まくりの理由

2017.08.24

 

足首

matome.naver.jp

最後は足首です。

こちらの記事でも書きましたが

ファッションで重要なボトムスの選び方と初心者におすすめはコレ!

2017.08.19

 

細身のボトムスでドレスライクに着こなしても裾にクッションがあると野暮ったく見えてしまいます。

出典:www.weddingpark.net

 

この野暮ったさを解消するために裾の処理は必ず行いましょう。

それだけボトムスの先端、足首の印象は大きいということです。

持ってるボトムスを使いたい

今までドレスやカジュアルのバランスを考えずに購入した野暮ったいボトムス達です。

特にインディゴデニムが多いのではないかと思います。

 

例えばそのインディゴデニムを使おうと思った場合、デザインはデニム(カジュアル)、シルエットは太め(カジュアル)、カラーはインディゴ(カジュアル)なので完全カジュアルです。

そんな時こそ先端、足首の処理

 

ロールアップ!!

 

足の中で一番細い足首を見せることで、先端をスッキリします。

先端がスッキリすると全体が締まっておしゃれな着こなしになります。

otokomaeken.com

 

ロールアップの注意点

ロールアップの注意点としては

  • ロールアップの幅
  • ロールアップの回数
  • ロールアップの場所

 

この3つになります。

 

今回の場合は狙ってロールアップするのではなく、野暮ったいデニムをおしゃれに着こなすのが目的なので、”やり過ぎ”にならないよう気をつけましょう。

あくまでも「自然」に「さりげなく」です。

 

ロールアップの幅はできるだけ細く回数も少ない方がいいので、3回〜4回が限界かと思います。

回数に関しては生地の厚みも関係しますが、ロールアップした時に悪目立ちしていなければ問題ないです。

ロールアップする場所はくるぶしの下から上の位置がいいでしょう。

 

最後に、ロールアップはシワがないよう綺麗に仕上げましょう。

クッションをなくすのが目的なのにロールアップでシワだらけだと意味がないです。

 

ロールアップに関してはこちらの記事でまとめています。

デニム裾上げダサい?ロールアップはどのくらい?やり方と回数を解説

2017.09.02

 

まとめ

おしゃれな着こなしをするために気をつける3つのポイント。

「首」「手首」「足首」

この先端3首です。

 

細身シルエットは先端できまると言っても過言ではないので、おろそかにせず意識するようにしましょう。

特に男性はルーズなのを好んだりしますが、おしゃれ初心者はルーズより先にドレスライクな着こなしをマスターしましょう。

ドレスライクな着こなしはこちらの記事を参考にしてください。

メンズファッションのセンスの磨き方はこのコツだけ覚えればいい

2017.08.19