パーカーに合うアウターを選ぶ2つのポイント【メンズファッション】

メンズファッションでカジュアルの代名詞的アイテム

 

パーカー

 

メンズファッションに限らず老若男女、そしてどの年代にも馴染みのあるアイテムです。

これだけ馴染みがあるアイテムなので、さぞ使いやすいのだろうと思いきや、メンズファッションではパーカーを使っておしゃれな大人コーデをしようと思うと意外と難しいです。

 

ただし、大人コーデのコツさせ掴めば、パーカーはアウターとしてもインナーとしても使える便利アイテムです。

 

そこで今回は、パーカーをインナーとして使う方法、パーカーに合うアウターの選び方を解説します。

もちろん、パーカーを使ったおしゃれな大人コーデの方法も紹介しているので、参考にしてください。

 

スポンサーリンク

おしゃれな大人コーデ

はじめにおしゃれな大人コーデを解説します。

おしゃれな大人コーデのポイントはドレスとカジュアルのMIXです。

ドレスとはスーツで使われるジャケット、スラックス、シャツ、革靴など「きれいめ」と呼ばれるアイテムで、カジュアルはTシャツ、パーカー、デニム、スニーカーなど「ラフ」なアイテムです。

 

メンズファッションで大人きれいめコーデをするには、ドレスとカジュアルのMIXコーデが基本となり、MIXの比率はドレスが7でカジュアルが3となります。

 

顔も体型も大人っぽい外国人ならドレスとカジュアルが5:5でも問題ないのですが、童顔で子供っぽい体型の日本人は5:5ではまだ弱く、7:3でドレスを強めにした方がいいです。

 

パーカーは子供っぽい

おしゃれな大人コーデをするにはドレスを強めにするのですが、パーカーは思いっきりカジュアルアイテムになります。

パーカーは子供っぽいと言われたりしますが、子供っぽい理由はカジュアルが強いアイテムだからです。

 

パーカー、デニム、スニーカーのよくあるコーデをすると、全身カジュアルでドレスの要素がありません。

普段スーツスタイルの全身ドレスで固めている男性が、休日に全身カジュアルになるとギャップがありすぎて

 

私服はダサい!!

 

と言われることが多々あります。

 

私服もかっこいいと思われるには、私服でおしゃれな大人コーデをする必要があります。

そしてカジュアルが強いパーカーですが、実はインナーとして使うことで簡単に大人っぽい印象を作ることがでます。

 

つまり、大人っぽいコーデができるパーカーに合うアウターを選べばいいわけです。

 

パーカーに合うアウター選びのポイントは以下の2点です。

パーカーに合うアウター

  • 大人っぽいアウターを選ぶ
  • 首元の寂しいアウターを選ぶ

 

それぞれのポイントを解説しますが、大前提としてパーカーは無地でモノトーン(白、黒、グレー)を選んでくださいね。

大きな柄が入ってたり、カラフルなパーカーは子供っぽさが強くなりすぎるので、おしゃれな大人コーデが非常に難しくなります。

 

大人っぽいアウター

パーカーがカジュアルが強いアイテムなので、アウターにはドレスが強い大人っぽいものを選びましょう。

色は黒やグレーが大人っぽい色となります。

着丈は短いと子供っぽくなり、長いと大人っぽい印象になります。

ロングコートなどはドレスが強く、羽織るだけで大人っぽい印象になるので、パーカーとはよく合うアウターになります。

 

首回りが寂しいアウター

パーカーにはフードがあるので、首回りが寂しいアウターと合わせると効果的です。

顔の近くに物があると、顔を小さく見せる効果があります。

スタイルの良さを7頭身、8頭身など、頭の大きさを基準にしたりしますが、顔が小さいと全体的にバランスが良く見え、バランスが良く見えるとスタイルもいいと思わせることができます。

パーカーのフードは小顔効果が期待できるので、首元が寂しいアウターと合わせるといいですよ。

 

おすすめのパーカーに合うアウター

パーカーに合うアウターのポイントは

パーカーに合うアウター

  • 大人っぽいアウターを選ぶ
  • 首元の寂しいアウターを選ぶ

 

この二点ですが、この二つを兼ね備えたアウターとしてはロングコートがおすすめです。

特にチェスターコートのように襟が寝ているデザインだとなおいいですね。

 

ただし、ロングコートを着こなすポイントとしては、おしゃれ初心者の方はパンツは必ず細身のものを選ぶようにしましょう。

 

ロングコートは面積が広く上半身にボリュームが出るので、細身のパンツでYラインシルエットを作るのがロングコートを着こなすポイントです。

パーカーのフードは上半身にボリュームを出してくれるので、そういった意味でもパーカーを使えば綺麗なYラインを作ることができます。

 

ロングコートとワイドパンツの組み合わせも、おしゃれで大人っぽい印象になるのですが、全体のバランスを考える必要があったりするので、おしゃれ初心者向けではありません。

 

パーカーに合うアウター

最後にパーカーに合うアウターを紹介します。

 

テーラードジャケット

  • アウター:STUDIOUS
  • トップス:yotsuba
  • パンツ:STUDIOUS
  • シューズ:adidas
ポイント

パーカーとテーラードジャケットのコーデになります。

テーラードジャケットは非常にドレスが強いアイテムなので、パーカーとよく合うアウターになります。

ドレスとカジュアルのMIXがいまいちピンとこない方は、パーカーとテーラードジャケットの組み合わせはとてもわかりやすいと思います。

パーカーはカジュアルアイテムの代名詞のようなアイテムで、テーラードジャケットはスーツでも使われるので、ドレスアイテムの代名詞のようなアイテムです。

ドレスとカジュアルのMIXとはこのような組み合わせをいいます。

 

ライダース

  • アウター:LIDnM
  • トップス:SLICK
  • パンツ:MONKEY TIME
  • シューズ:NIKE
ポイント

パーカーとライダースのコーデになります。

ハードな印象が強いライダースなので、ソフトな印象があるパーカーとはよく合うアウターになります。

ただし、パンツにデニムを使うならシューズは革靴を使うなど、全体のバランスを見ながらドレスとカジュアルの調整をしましょう。

 

チェスターコート

  • コート:LIDnM
  • ライダース:LIDnM
  • トップス:UNUSED
  • パンツ:LIDnM
  • シューズ:Dr.Martens
ポイント

チェスターコートとパーカーを使ったコーデになります。

個人的にはチェスターコートはパーカーに最も合うアウターではないかと思ってます。

チェスターコートのようにドレスが強く、着丈も長いので大人っぽさも強いアイテムにパーカーを合わせると、パーカーが子供っぽくなることがありません。

チェスターコートは襟が寝ているので、パーカーのフードで小顔効果を狙えるのも嬉しいですね。

 

ちなみに、こちらのコーデはライダースとチェスターコートを重ね着した、アウターオンアウターになっています。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

>ライダースの上にロングコートの重ね着はあり?メンズコーデ画像を紹介

 

ステンカラーコート

  • アウター:URBAN RESEARCH DOORS MENS
  • トップス:ABAHOUSE
  • インナー:RAGEBLUE
  • パンツ:FOREVER 21
  • シューズ:CONVERSE
ポイント

パーカーとステンカラーコートのコーデになります。

ステンカラーコートもドレスが強いのでパーカーとはよく合うアウターになります。

基本的にはロングコートはドレスが強く大人っぽい印象になるので、子供っぽいパーカーとは合いますね。

 

トレンチコート

  • アウター:UNITED TOKYO
  • トップス:BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS
  • パンツ:green label relaxing
ポイント

パーカーとトレンチコートのコーデになります。

トレンチコートのように”キメ過ぎ”感が強いアイテムをカジュアルダウンさせるのにパーカーは最適です。

 

ベージュのロングコート

  • アウター:GU
  • トップス:Champion
  • インナー:HARE
  • パンツ:RAGEBLUE
  • シューズ:adidas
ポイント

パーカーとベージュのロングコートとのコーデになります。

ベージュのロングコートはサラリーマンぽさが出たりするのですが、そんな時はパーカーを使うことでサラリーマンの印象を払拭できます。

 

まとめ

パーカーに合うアウターを選ぶポイントは以下の2点になります。

パーカーに合うアウター

  • 大人っぽいアウターを選ぶ
  • 首元の寂しいアウターを選ぶ

 

そして、この二点のポイントをおさえた上でおすすめのアウターはロングコート。

商品まで特定するならチェスターコートがおすすめです。

 

パーカーは多くの人が着ているからといって、何も考えずに使ってしまうと子供っぽくなります。

大人っぽいアウターと合わせることで、おしゃれな大人コーデが可能です。

今回の記事を参考にパーカーを上手に使ってみてください。