スキニー嫌いにおすすめのスキニー以外のパンツを紹介

ファッション初心者には多くの人が黒のスキニーパンツをおすすめしていますが、体型や年齢などの理由でスキニーが嫌いな方もいるかと思います。

いくらおしゃれに見えるとはいえ、嫌いなパンツを無理して履くのも辛いですよね。

そこで今回は、スキニー嫌いの方のために、スキニー以外のパンツを紹介します。

 

メンズファッションで大人っぽいおしゃれをするには、ドレスが7でカジュアルが3の割合でMIXさせるのが基本です。

 

ドレスとはスーツで使われるジャケット、スラックス、シャツ、革靴など「綺麗め」と呼ばれるアイテムで、カジュアルはTシャツ、パーカー、デニム、スニーカーなど「ラフ」なアイテムです。

 

確かに黒のスキニーはドレスを作りやすいのですが、ドレスなパンツは黒スキニーだけではありませんので安心してください。

 

スキニーが嫌い

monde.jp

ファッション初心者にはスキニーをおすすめです。

詳しくはこちらの記事にまとめていますが

ファッションで重要なボトムスの選び方と初心者におすすめはコレ!

2017.08.19

 

色んなサイトでおすすめしているでしょうし、雑誌やテレビ、ショップでもおすすめしているかと思います。

そんな多くの人がおすすめするスキニーが嫌いだと、ファッションは無理かといえば、そんなことはありません。

 

実際にネット上でもスキニーが嫌い、または苦手な方は多いです。

 

本人がスキニーを履くのが嫌い、またはスキニーを履いてる人が嫌いなど、様々な声があります。

なのでスキニーが嫌いでも気にすることはないと思いますし、無理に履く必要もないと思います。

だけど

 

 

おしゃれには見られたい

 

 

だったらスキニー以外でおしゃれに見せましょう。

そこでおすすめなのがテーパードシルエットです。

 

テーパードシルエット

matome.naver.jp

テーパードシルエットとは、先端に向かって細くなるという意味です。

こちらの記事でも書きましたが

おしゃれな着こなしをするため男性が気をつける3つのポイント

2017.08.20

 

おしゃれのポイントは先端3首で、そのうちの一つが足首です。

極端な話し、ウエストや太ももが太くても先端である足首が細くなっていればなんとかなります。

 

テーパードシルエットはウエストや太ももにゆとりを持たせ、先端の足首へ向かって細くなっているので、スキニーと同じ効果を発揮します。

 

スキニーが嫌いな理由で、一番多いのは太ももの締め付けだと思いますが、テーパードシルエットならスキニーの嫌いな部分を解消し、スキニーと同じ効果を得られるのでおすすめです。

 

手持ちのパンツでもテーパードにすることは可能です。

その方法はロールアップすることです。

 

詳しくはこちらの記事で紹介してますが

デニム裾上げダサい?ロールアップはどのくらい?やり方と回数を解説

2017.09.02

 

裾をまくってロールアップさせれば足首がスッキリします。

その結果、テーパードシルエットと似たような効果を得ることができます。

 

テーパードパンツはショップによって”テーパードパンツ”の名称で販売しているので、そのままの名称であれば迷うことはないと思います。

迷うとすれば、名称はテーパードパンツではないけどテーパードパンツと同じような効果があるパンツですよね。

ここからは名称は違ってもテーパードパンツと同じ効果を得られるパンツを紹介します。

 

ジョッパーズパンツ

unotarou.com

ジョッパーズパンツは元々は乗馬で使われていたパンツです。

上記画像はデッキーズの5876です。ジョッパーズパンツと言えばデッキーズというくらいの定番アイテムです。

 

ジョッパーズパンツは動きやすいよう腰から太ももがゆったりとしており、膝から足首へ向かって細く”テーパード”されています。

スキニーに比べて腰と太ももに余裕があるので、スキニーが嫌いな方でも無理なくスタイリッシュな着こなしが可能となります。

unotarou.com

 

また、ジョッパーズパンツはスキニーよりも”落ち着いた”印象を与えるので、年齢的にスキニーはちょっと・・・と言う方でも、自然なスタイルを作れるのもジョッパーズパンツの魅力です。

 

初心者の方であれば色は黒一択です。

黒が一番細く見えスタイリッシュになります。そして靴も黒を選択してください。

 

パンツと靴を同じ色にすることで、境界線がなくなり視覚効果で足を長く見せることができます。

sakidori.co

 

サルエルパンツ

kaumo.jp

ジョッパーズパンツ同様、腰から太ももにかけてゆったりとしています。

一番の違いは股下です。

サルエルパンツは他のパンツよりもだいぶ股下がゆったりしているので、かなり個性的なデザインをしています。

kaumo.jp

 

サルエルパンツは様々なデザインがあり、股下のボリュームを抑えたサルエルパンツもあります。

そのようなサルエルだとジョッパーズと似たような形になります。

mens.tasclap.jp

 

サルエルも膝から足首へ向かって細く”テーパード”されています。

色はジョッパーズと同じく最初は黒一択です。そして靴も黒を選択してください。

 

他のパンツ同様、靴とパンツの境界線がなくなり視覚効果で足を長く見せることができます。

kaumo.jp

スラックス

mens.tasclap.jp

こちらはテーパードシルエットではないのですが、スキニーが嫌いな理由には、膝下から足首へかけてのテーパードが嫌いな方もいるかと思います。

テーパードが嫌いだとジョッパーズもサルエルも嫌いな可能性があるので、そんな時はスラックスをおすすめします。

 

スラックスはスーツスタイルで使用されるだけあってドレスが強いです。

私服で使えば簡単にドレスを作ることができる便利アイテムです。

 

例えばカジュアル色が強いパーカーもスラックスを合わせることで綺麗にドレスを作ることができます。

 

会社で寒い季節にパーカーを羽織ってる方がいますが、カジュアルな服装には見えないですよね。

それだけスラックスがドレスライクなアイテムだからです。

 

「スキニーが嫌いだから」とは関係なく、スラックスは持っておいて損はないです。

最近のスラックスはテーパードされたシルエットも多くなったので、スーツで使うスラックスよりもスタイリッシュに履くことができます。

 

スラックスを使ったカジュアルコーデはこちらの記事で紹介しています。

スラックスを私服で使うには丈が重要!カジュアルな合わせ方やコーデを紹介

2017.10.14

 

まとめ

スキニーがおしゃれなのではなく、ドレスとカジュアルのバランスを7:3にすることがおしゃれです。

なので、スキニーが嫌いでも別のアイテムで7:3を作れば、いくらでもおしゃれを作ることが可能です。

 

また、細身のパンツはトレンド感が強い印象でしたが、最近はトレンドから定番になってきました。

今後はゆったりめのパンツがトレンドになる可能性が高いため、スキニーが嫌いでも7:3を常に意識すれば、使えるアイテムの幅は広がると思います。

 

ドレスとカジュアルの7:3をもっと知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

メンズファッションのセンスの磨き方はこのコツだけ覚えればいい

2017.08.19


通販サイトがダサい理由とは?

メンズファッションの通販サイトですが、めちゃくちゃダサい商品が多いと思いませんか?

通販サイトのアイテムがダサい理由と、ダサくならないためのコーデやアイテムを紹介しています。

通販サイトは値段が安いので、正しいアイテムを選んでコスパの良いおしゃれをしましょう!!