メンズが首に巻くものスヌードとマフラーどっちがおしゃれ?

メンズが首に巻くものといえば

  • スヌード
  • マフラー
  • ストール

 

代表的なのはこの3つではないでしょうか。

特に冬の季節はスヌードとマフラーが活躍し、春、秋はストールの出番といった感じです。

もちろん冬にもストールは使えますが、生地が薄いので防寒性ではスヌードとマフラーに劣ります。

 

ストールはスヌードとマフラーに比べて使用する季節が若干ずれるため、ある意味差別化ができているのですが、問題はスヌードとマフラーです。

防寒性はさほど変わらないとなると、どっちがおしゃれなのかが重要になります。

 

そこで今回は、スヌードとマフラーのどっちがおしゃれかを解説します。

 

メンズが首に巻く理由

www.neqwsnet-japan.info

そもそも、なぜメンズがスヌードやマフラーを首に巻くのか?

答えは防寒のためですが、実は防寒以外にも理由があります。

 

 

小顔効果

 

 

メンズに限らずですが、顔の近くにものがあると小顔に見せる効果があります。

女性なら小顔に見せたい気持ちもわかりますが、メンズには必要ないと思われるかもしれませんが、おしゃれコーデには小顔効果は必須となります。

 

スタイルの良い悪いの判断基準に、七頭身、八頭身など顔の大きさを基準に計算することがあります。

この数が多ければ多いほどスタイルが良いというわけですが、顔が小さければ小さいほど数字が大きくなりますよね。

つまり顔を小さく見せることができれば、スタイルが良い、全体のバランスをよく見せることができます。

スタイルの良さを求めるのはレディースだけではないですよね。

 

メンズファッションでもシンプルで地味なコーデなのに、スヌードやマフラーを首に巻くだけでおしゃれに見えるのは、小顔効果により全体のバランスが良くなるからです。

特にメンズの冬コートは襟が寝ているものが多いので、防寒機能もあり小顔効果もあるスヌードやマフラーを首に巻くの非常に有効です。

 

首元の重要性はこちらの記事でも紹介しています。

おしゃれな着こなしをするため男性が気をつける3つのポイント

2017.08.20

 

小顔効果以外のメリット

メンズがスヌードやマフラーを首に巻く理由は小顔効果を狙ったもの。

これだけでも大きなメリットですが、実はもう一つメリットがあります。

 

そのメリットとは、脚の長さをごまかすことができることです。

lymph-beautycare.com

 

元々首は非常に目立つ場所です。

その目立つ場所に何かが巻いてあれば余計目立ちますよね。

目立つということは視線が集まるということです。どこか1箇所に視線を集めることができれば、他の箇所には視線がいきません。

その結果、視線が上半身に集まるため下半身や足元を見られることがなくなります。

 

首に巻くもの

メンズが首に巻く代表アイテム、スヌード、マフラー、ストールをそれぞれ解説します。

 

スヌード

beststyle.me

最初はスヌードです。

スヌード(SNOOD)の語源はイギリスで使用されていた女性用のヘアネットになります。

スヌードの素材はマフラーと同じため、よくマフラーと比較されますが、形状は全く違います。マフラーが長方形の帯状なのに対し、スヌードは筒状の輪っかになります。

 

同じように筒状の輪っかのアイテムといえばネックウォーマーがあります。

海外ではスヌードもネックウォーマーの一種とされていますが、日本では首にフィットするものをネックウォーマーとされスヌードとは差別化されています。

 

形状が筒状の輪っかのため、巻き方によるアレンジはほとんどありません。

基本的には二重巻きで頭から被るかたちになりますが、被るだけでいいので着脱は非常に楽です。

首元にボリュームが出るので小顔効果は期待できます。

 

マフラー

blog.mens-fashion-labo.com

次はマフラーです。

スヌードと同じ生地を使用していますが、形状は長方形で帯状です。

一般的には幅が数十センチで長さは1.5m〜2mとなります。

 

スヌートと違い形状が帯状なので首に巻く方法が複数存在します。

ボリュームに関してはスヌードよりは劣るため、小顔効果も劣ってしまいます。

とはいえ、何もないよりは圧倒的に存在感があるので、全く小顔効果が期待できないわけではなく、スヌードの小顔効果がありすぎるといったところです。

 

ストール

otokomaeken.com

最後はストールです。

スヌード、マフラーに比べると生地が薄いため防寒性は劣ります。

しかし、生地が薄いメリットを活かし夏以外の3シーズンで使うことができます。

 

形状は正方形に近い形をしており、大判だと1辺2mになるので首の巻き方に関しては相当アレンジが効きます。

首に巻くだけではなく肩掛けしてポンチョのように羽織れるのも特徴です。

アレンジの幅があることからレディースで使用されることが多く、コスパの高い商品もレディースに多いです。

 

メンズがポンチョのような肩掛けをすると、正直、女子ウケは良くないです。

メンズは素直に首に巻くか垂らすかのどちらかにしましょう。

 

女子ウケのいいストールの巻き方はこちらの記事で紹介しています。

男のストールはきもい?目的は?メンズのおしゃれな巻き方と選び方

2017.10.27

どっちがおしゃれ?

promoskidka.com

ストールはスヌードとマフラーとは別物になるので、今回はスヌードとマフラーのどっちがおしゃれかになります。

使いやすさからいうと被るだけのスヌードに軍配が上がりますが、巻き方にアレンジが効くマフラーはコーデに合わせて巻き方を変えることができます。

防寒性に関しては正直どっちも変わりません。

 

これだけ聞くとどっちもどっちの印象ですが、おしゃれの判断基準はメンズが首に何かを巻く一番の理由、小顔効果です。

スヌードとマフラー、どっちが小顔効果を期待できるかといえば

 

 

スヌード!!

 

 

マフラーがどれだけ巻き方をアレンジできるといっても、やはりあのボリュームは出せません。

全体のコーデに影響を与える小顔効果はメンズファッションの貴重なおしゃれ要素となるので、スヌードとマフラーでは、どっちがおしゃれかというとスヌードになります。

 

さらにもう一つ、スヌードをおすすめする理由があります。

マフラーよりもスヌードの方がボリュームがあると言いましたが、このボリュームの効果は小顔に見せるだけではありません。

スヌードのボリュームはカジュアルダウンにも活かすことができます。

 

メンズの冬のコートはチェスターコート、トレンチコート、ステンカラーコートなど、カチッとしたデザインが多いです。

この3つを「三大ロングコート」と私が勝手に呼んでるのですが、三大ロングコートは一歩間違えるとサラリーマンぽくなる恐れがあります。

マフラーはスーツスタイルでも使用しているので、三大ロングコートにマフラーを使ってもカジュアルダウンを期待できないことがあります。

 

そこで有効なのがスヌードです。

スヌードをスーツスタイルで使うことはまずありませんよね。つまりスヌードは、サラリーマンぽさを崩してくれるカジュアルアイテムになるということです。

冬のロングコートに合わせるアイテムとしては、マフラーよりもスヌードの方がボリュームも出て崩しもできるのでおすすめです。

 

ただし、あくまでも同じコーデの場合であって、そもそものコーディネイトがダサいと全く意味がありません。

大人っぽいおしゃれをするには、「ドレス」と「カジュアル」のMIXが必須になります。そしてMIXの比率はドレスが7でカジュアルが3です。

この黄金比を必ず守るようにしてください。

 

メンズファッションの基本は、こちらの記事で解説しているので参考にしてみてください。

メンズファッションのセンスの磨き方はこのコツだけ覚えればいい

2017.08.19

 

まとめ

メンズが冬の季節に首に巻く代表的なアイテム、スヌードとマフラー。

その違いと特徴、そしてどっちがおしゃれかを解説しました。

マフラーも大変いいアイテムですが、スヌードが優秀すぎるためスヌードの方がおしゃれとなりました。

 

ただし、スーツスタイルではマフラー一択となるので気をつけましょう。

そもそもスーツはある意味ユニフォームのようなものなので、私服のようにカジュアルをMIXさせると不純物となり、おしゃれとかダサい以前の話になってしまいます。

ユニフォームはユニフォームらしく着ることを心がけてください。


通販サイトがダサい理由とは?

メンズファッションの通販サイトですが、めちゃくちゃダサい商品が多いと思いませんか?

通販サイトのアイテムがダサい理由と、ダサくならないためのコーデやアイテムを紹介しています。

通販サイトは値段が安いので、正しいアイテムを選んでコスパの良いおしゃれをしましょう!!