メンズストライプシャツの合わせ方や私服おしゃれコーデ

ビジネスのスーツスタイルでも使われるストライプシャツ。

綺麗な大人コーデには必須のアイテムになります。

メンズの私服はカジュアルライクなアイテムが多いので、ストライプシャツは貴重なドレスアイテムですね。

 

ドレスとはスーツで使われるジャケット、スラックス、シャツ、革靴など「綺麗め」と呼ばれるアイテムで、カジュアルはTシャツ、パーカー、デニム、スニーカーなど「ラフ」なアイテムです。

 

メンズファッションで大人っぽいおしゃれをするには、ドレスが7でカジュアルが3の割合でMIXさせるのが基本です。

ドレスとカジュアルをMIXさせる基本をおさえた上で、メンズのストライプシャツの合わせ方や選び方、私服でのおしゃれコーデを紹介します。

 

スポンサーリンク

ストライプシャツの選び方

ドレスライクなアイテムであるストライプシャツですが、カジュアル色の強いストライプシャツが意外と多いのも事実です。

あえてカジュアル色の強いストライプシャツで全体のコーデをカジュアルダウンさせる方法もありますが、おしゃれ初心者の方はまずはドレスライクなストライプシャツを用意しましょう。

私服ではストライプシャツをカジュアルとして使うよりも、ドレスアイテムとして使う方が着回しが効くので大変重宝します。

ここではドレスライクなストライプシャツの選び方を紹介します。

 

シルエット

matome.naver.jp

シルエットは細身でタイトなものを選びましょう。

ストライプシャツのメリットとして細く見えることですが、ダボダボと着こなしているのはいただけません。

体にあったストライプシャツを着て初めてストライプの視覚効果が発揮できるので、細く見えるからと言ってダボダボのシャツを着ていては細い太い以前に野暮ったい印象になってしまいます。

 

デザイン

u-note.me

次にデザインです。

ストライプシャツのデザインといえばあの縦の線ですよね。

太いストライプから細いストライプなど様々ありますが、ストライプが太くなればカジュアル寄りになり、細いストライプだとドレス寄りになります。

 

スーツスタイルでのストライプシャツを思い出してください。

極太ストライプシャツでスーツを着ている人をあまり見ないのはそういった理由です。

簡単におしゃれな大人コーデをするならドレスライクなストライプシャツがいいので、ストライプは細いデザインのものを選択しましょう。

 

カラー(色)

www.pinterest.jp

最後はカラー(色)になります。

一番無難なのは白シャツに黒のストライプがあるものです。

白シャツに黒のストライプだと味気がないようでしたら、青も使いやすいです。

ストライプシャツは元々がドレス寄りなアイテムなので、ストライプが細ければ春のパステルカラーを選んでも全体のコーデを邪魔することはありません。

 

ストライプシャツの合わせ方

kurumani.com

基本的には全体のコーデをドレス7、カジュアル3のバランスにすれば、どのようなアイテムを使っても、どんな合わせ方をしても問題ないです。

私服でストライプシャツを使う場合は、多少カジュアルを強めにしてもストライプシャツがドレス寄りなので、全体のコーデでドレスを維持することが可能だったりします。

また、ドレス寄りなストライプシャツを使えば、普段モノトーンコーデが多い方でも簡単に1色追加させることができます。

 

モノトーンコーデは簡単に私服をおしゃれコーデにしてくれるので、個人的には大好きですが、シンプルコーデに慣れすぎるとモノトーン以外の色を追加するのが不安になったりします。

ストライプシャツはモノトーン+1色の感覚を掴むにはもってこいなので、ストライプシャツで練習するのもありですね。

色の組み合わせはこちらの記事で紹介しています。

男服の色の組み合わせ方は簡単!

2017.08.31

 

私服おしゃれコーデ

メンズのストライプシャツを使った私服おしゃれコーデを紹介します。

基本的にはストライプシャツはドレスアイテムなので、どんなコーデにも使うことができます。

 

黒パンツ

fashion-basics.com

黒のパンツとのコーデになります。

定番コーデというか、黒で細身のパンツと合わないアイテムはまずないでしょう。

私服でおしゃれな大人コーデをするには、必ず購入するようにしてください。

おすすめは黒スキニーですが、スキニーが苦手な方はこちらの記事を参考にしてください。

 

太いストライプ

太めのストライプを使ったコーデになります。

おしゃれ初心者には細めのストライプをおすすめしますが、慣れてくれば太めのストライプにも挑戦してみてください。

画像のように黒の細身のパンツと革靴でドレスライクにすれば、カジュアル過ぎるということはありません。

 

羽織り

kaumo.jp

ストライプシャツを羽織ったスタイルです。

ストライプシャツに限らず、シャツは前身頃のボタンを外して羽織ることもできます。

同じアイテムでも印象がガラリと変わりますよね。

 

デニム

デニムとのコーデになります。

カジュアルアイテムのデニムもストライプシャツと革靴でドレスライクになります。

色の濃いデニムを選ぶと薄いデニムよりもドレスが強くなります。

 

ダメージデニム

こちらもデニムとのコーデになります。

先程のデニムとは逆で、色の薄いダメージデニムなので、カジュアルは相当強いのですが、細めのストライプシャツでドレスを入れています。

ダメージデニムに関してはこちらの記事で紹介しています。

ダメージデニムはダサい?おすすめブランドを紹介

2017.09.10

 

ショートパンツ

ショートパンツとのコーデになります。

カジュアルの代表ともいえるショートパンツですが、ドレスアイテムのストライプシャツでドレスを入れています。

シャツとショートパンツは真逆なイメージで組み合わせてはいけないと思う方がいますが、どちらもドレスとカジュアルが強いアイテムなので、実はバランスが取りやすいのです。

個人的には好きなコーデなので是非真似してみてください。

白シャツだとよりドレスが強いのでコーデがもっと簡単になりますよ。革靴を使ってよりドレスにするのも好きです。

ショートパンツに抵抗がある方はこちらの記事を参考にしてください。

メンズのショートパンツで膝上はあり?きもい?女子ウケ対策の着こなし

2017.08.24

 

ニットカットソー

インナーとして使用したコーデになります。

シャツはトップスだけではなくインターとしても使用できるので、ファッションの幅が広がります。

メンズニットの選び方はこちらの記事でまとめています。

 

カーディガン

カーディガンとのコーデになります。

画像はロングカーディガンですが、通常のカーディガンでももちろん問題ないです。

スーツスタイルでもシャツとカーディガンの組み合わせはありますよね。

ちなみにロングカーディガンはユニクロのレディースがおすすめです。

 

ステンカラーコート

ステンカラーコートとのコーデになります。

ステンカラーコートはドレスが強いアイテムになるので、ストライプが太めのカジュアル寄りのシャツを選んだ方がコーデが簡単かと思います。

GUならステンカラーコートを安く購入することができるのでおすすめです。

 

まとめ

メンズの白シャツは最強ですが、シンプルなコーデにアクセントをつけるにはストライプシャツがおすすめです。

基本はシャツなのでどんな合わせ方をしても問題ないですし、トップスとしてもインナーとしても使えるのでおしゃれの幅が広がります。

ちなみに、白シャツが最強の理由はこちらの記事で紹介しています。

私服の着回しで最強の白シャツ!サイズ感や透けないインナーの色は?

2017.09.08