私服に合わせる革靴は内羽根?外羽根?デザインやつま先の種類を解説

私服に合わせる革靴は内羽根?外羽根?

そもそも内羽根と外羽根の違いがわからない。

革靴と言っても内羽根や外羽根以外にもプレーントゥやウィングチップなどつま先の種類だけでも複数あり、さらにローファー、モンクなどデザインの違いもあります。

そこで今回は、私服に合わせる革靴を紹介したいと思います。

 

数多くあるデザインから私服に合わせる革靴を探すと、様々な要素が絡むので簡単にコレとは言えないのですが、内羽根か外羽根かだけなら簡単です。

あとはつま先の種類や全体のデザインでドレス寄り、カジュアル寄りがあるので、最終的には服のコーディネートのバランスを見ながら選択する形となります。

 

私服に合わせる革靴は1つで十分!

と思っていた方も、この記事を読めばコーディネートに合わせてドレスの強い革靴、カジュアルの強い革靴と選択肢が多い方がいいと思えるはずです。

 

ちなみに、ドレスとはスーツで使われるジャケット、スラックス、シャツ、革靴など「綺麗め」と呼ばれるアイテムで、カジュアルはTシャツ、パーカー、デニム、スニーカーなど「ラフ」なアイテムです。

 

メンズファッションで大人っぽいおしゃれをするには、ドレスが7でカジュアルが3の割合でMIXさせるのが基本です。

 

スポンサーリンク

内羽根とは?

www.fight.co.jp

内羽根式とは、シューレースホール(靴紐を通す穴)が革靴本体と一体化したものになります。

靴紐を解いてもシューレースホールの穴部分だけが動くので「内羽根」と呼ばれています。

革靴本体と一体化されているので凹凸や装飾が少なく、ドレスライクな革靴となります。そのため、ビジネスやフォーマルな場所に適しています。

 

外羽根とは?

www.studious-onlinestore.com

外羽根式とはシューレースホールが後付けのようになっているデザインです。

靴紐を解くとシューレースホールが羽根のように動くことから「外羽根」と呼ばれています。

内羽根に比べてシューレースホールの分だけ凹凸があり、装飾のような扱いとなりカジュアルな印象になるので、内羽根以上に私服に合わせる革靴に適しています。

 

つま先の種類やデザイン

hacks-your-life.com

次につま先の種類になります。

代表的なつま先の種類としては「プレーントゥ」「ストレートチップ」「ウィングチップ」「Uチップ」の4種類となります。

 

プレーントゥ

mens.tasclap.jp

つま先の部分に装飾が全くないのがプレーントゥになります。

非常にシンプルなデザインとなっているためビジネスでのスーツやカジュアルな私服、そしてフォーマルな冠婚葬祭など幅広く使えるのが魅力です。

ただしシンプルな作りとなるので、革靴の質感やデザインなどの影響を受けやすく、安い革靴だと一番目立つデザインとも言えます。

 

ストレートチップ

www.pinterest.jp

つま先の切り返しが真っ直ぐなデザインになっているのがストレートチップです。

ストレートチップもプレーントゥ同様に幅広く使えますが、一般的にはプレーントゥよりもドレスライクと言われています。

私服に合わせる革靴は多少革の質感が落ちても許されますが、スーツで使用するならストーレートチップの方が安物感をごまかせます。

 

ウィングチップ

bizamurai.com

先端の切り返しがWの形になっており、翼(ウィング)に見えることからウィングチップと呼ばれています。

穴のことを「ブローグ」と言い、つま先にブローグで装飾したデザインを「メダリオン」と言うことから、ブローグシューズやメダリオンシューズと呼ばれています。

プレーントゥやストレートチップよりもカジュアルになるため、私服に合わせる革靴としては適しています。

ただし履く方もそうですが、見る方も好みが分かれる傾向にあるので、用途としては幅広いですが与える印象を考えるとそこまで柔軟ではないかもしれません。

ちなみに、ウィングの装飾がつま先だけではなく、後ろまで伸びているデザインのものをロングウィングと呼びます。

 

Uチップ(Vチップ)

hayama4000.blog92.fc2.com

革靴の先端と甲の部分にU字またはV字の切り返しがあることから、Uチップ(Vチップ)と呼ばれています。

Uチップもビジネスでのスーツやカジュアルでの私服に合わせる革靴に適しており、幅広く使えるのが魅力です。

プレーントゥやストレートチップに比べると若干カジュアル寄りにはなりますが、そこまで細かく指摘する人はまずいないでしょう。

 

革靴のデザインや種類

u-note.me

内羽根と外羽根、そしてつま先のデザインと解説しましたが、最後は革靴全体のデザインや種類になります。

内羽根か外羽根かでドレス寄りなのかカジュアル寄りなのかがあり、つま先のデザインでもドレス寄り、カジュアル寄りがあります。そして全体のデザインにもドレスとカジュアルがあります。

このバランスを見ながら私服に合わせる革靴を選ぶことができれば、あなたのことをおしゃれ初心者と呼ぶ人はいないでしょう。

 

オックスフォード

www.clozest.jp

革靴に詳しくない方でも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

日本では内羽根、外羽根の紐で締めるデザインの革靴を総称してオックスフォードと呼びますが、海外では内羽根の革靴をオックスフォードと呼びます。

より細かく分けるなら内羽根の革靴をオックスフォードと覚えておくといいでしょう。

名前からしてドレスライクなので、ドレス要素が強い内羽根にはピッタリな名称だと思います。

 

ダービーシューズ

color2.hatenablog.com

内羽根の革靴をオックスフォードと呼ぶのに対し、外羽根の革靴のことをダービーシューズと呼びます。

ドレスライクな革靴がオックスフォード、カジュアルライクな革靴がダービーシューズ。

なんとなく名称からも革靴のデザインがイメージできますよね。

 

バルモラル

item.rakuten.co.jp

内羽根の革靴のことをバルモラルとも呼びますが、内羽根にウィンチップの装飾が施されたデザインもバルモラルと呼びます。

 

ブラッチャー

sumally.com

外羽根の革靴のことをブラッチャーとも呼びますが、バルモラル同様、外羽根にウィングチップの装飾が施されたデザインのこともブラッチャーと呼びます。

 

サドルシューズ

www.regalshoes.jp

シューレースホール付近の革靴中央部分に革の切り返しがあるのが特徴です。

切り返しの革が馬の鞍(サドル)に似ていることからサドルシューズと呼ばれるようになりました。

サドル部分の素材や革の色が違うデザインもあり、革靴単体とし見るとかっこいいのですが、私服に合わせる革靴としてはコーディネートの難易度が上がります。

 

シングルモンク

vokka.jp

修道士のことをモンクと言いますが、元々は修道士が履いていたことからモンクシューズと呼ばれるようになりました。

ベルトとバックルで微調整が可能となっており、紐で締めるデザインの内羽根や外羽根よりもカジュアル寄りの革靴となります。

つま先がプレーントゥのデザインのものが最も多く流通してますが、ストレートチップやウィングチップ、またはブーツタイプのデザインもあります。

外羽根以上にカジュアルなので私服に合わせる革靴としてはもちろん、ビジネスのスーツスタイルにも使えるため、革靴の中では最も幅広く対応できるのではないでしょうか。

足に馴染むとストラップを外さずスリップオンで履けることから、使い勝手の良さでも私服に合わせる革靴に最適です。

 

ダブルモンク

vokka.jp

モンクシューズのベルトとバックルがダブルになったデザインです。

装飾が増える分、シングルモンクよりもカジュアル寄りとなります。ビジネスのスーツスタイルで「許されている革靴」の中では、最もカジュアルになります。

私服に合わせる革靴としては、シングルモンクよりも履いている人が少ないので差別化するなら最適です。

 

ローファー

domebra.com

スリッパのように履けることから「怠け者」という意味で、カジュアル寄りなスリッポンになります。

コインを挟めるベルトが付いているので「コインローファー」や「ペニーローファー」とも呼ばれています。

学生が履く印象が強いと思いますが、私服に合わせる革靴としても全く問題ないです。

若干カジュアルが強いため、ビジネスでのスーツスタイルには向かない傾向があります。

 

ビットローファー

mensdrip.com

ローファーに金属製の装飾が施されたデザインになります。

金属部分で高級感を出そうとグッチが最初に手がけたこともあり、ビットローファーといえばグッチの印象がありますね。

私服に合わせる革靴としてはもちろん、他の革靴よりも高級感があるデザインなので、古着に合わせるのも面白いです。

ただし、安物のビットローファーは金属部分に「安さ」が出るので注意が必要です。

カジュアル寄りの革靴になるので、ビジネスでのスーツスタイルには向きません。

 

タッセルローファー

mensdrip.com

ローファーに革製の房の装飾が施されたデザインで、ドレス寄りのスリッポンになります。

本来はドレスライクな革靴なのでビジネスでのスーツスタイルにも合いますが、あまりスーツスタイルで合わせている人は見かけません。

どちらかというと、私服に合わせる革靴として利用する人の方が多い印象です。

 

ヴァンプ

item.rakuten.co.jp

ベルトなどの装飾がないローファーのことをヴァンプと呼びます。

甲からつま先にかけてシャープに曲がっているのが特徴で、他の革靴よりも色気が強くなります。

色気と遊びの印象が強いため、ビジネスでのスーツスタイルでは使用できません。

シンプルなデザインなので、私服に合わせる革靴として最適な印象がありますが、色気が強すぎて意外と難しいアイテムになります。

また、無駄なものが全くないので革の質感が一番わかりやすく、安物を履くとバレやすいのも難点です。

 

ホールカット

avanti-shoes.net

一枚の革で作られているため革のつなぎ目が踵にしかありません。

つなぎ目すらないシンプルな作りのため、革靴の中でも最も上品で完全にドレスなアイテムとなります。

上質なホールカットシューズを見るとその存在感に圧倒されますが、逆に存在感がありすぎて初心者にはコーディネートが難しい革靴になります。

 

デッキシューズ

mensfashion-next.com

船の甲板(デッキ)で作業する水兵が使用していたことからデッキシューズと呼ばれています。

靴底に刻みが入っているのが特徴で、最近は革以外の素材のデッキシューズも増えました。季節は夏の印象がありますが、オールシーズン履くことが可能です。

カジュアルが強いためビジネスでのスーツスタイルでは使用できません。

私服に合わせる革靴としてもカジュアルが強いので、コーディネートは全体的にドレスライクにするといいでしょう。

 

チャッカブーツ

www.pinterest.jp

プレーントゥがそのままブーツになったようなデザインになります。

パンツの色と合わせることで靴との境界線が目立たなくなり足長効果を発揮します。

砂埃が入りづらいことから「デザートブーツ」とも呼ばれています。

 

サイドゴアブーツ

mens.tasclap.jp

両サイドがゴムになっているのが特徴で、脱ぎ履きを簡単に行うことができます。

元々は婦人用に開発されたのですが、現在は男女関係なく履かれています。

私服に合わせる革靴としても使えますし、ビジネスでのスーツスタイルでも問題ないですが、若干カジュアル寄りになることは覚えておいてください。

 

まとめ

私服に合わせる革靴といっても、様々なデザインや種類があるのが理解頂けたでしょうか。

文字で読むと難しく感じるかもしれませんが、おしゃれは全体のドレスとカジュアルのバランスで決まります。そのバランスを考えた革靴を選べばいいので決して難しくはありません。

ドレスアイテムの革靴も、内羽根や外羽根、つま先の種類、全体のデザインでカジュアル寄りにもなるので、うまく全体のコーディネートにあわせていきましょう。

 

新品革靴の宿命とも言える靴擦れ。

もしも革靴の靴擦れで悩んでいたらこちらの記事を参考にしてください。